April 12, 2019 / 9:52 PM / 2 months ago

NY市場サマリー(12日)

[12日 ロイター] - <為替> ドルがユーロに対して弱含んだ。トレーダーらによると、邦銀が独銀から航空機ファイナンス関連事業を買収する計画に伴う需要が見込まれ、ユーロが急伸した可能性があるという。

ユーロは対ドルEUR=で0.4%高の1.1295ドルと先月26日以来の高値を付けた。

中国経済安定化の兆しや好発進した米企業決算を受け、よりリスクが高いとされる資産への需要が高まった。ドルの対ユーロ相場は週間で4週間ぶりの大幅安を記録した。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)(8306.T)は先月、傘下の三菱UFJ銀行が独DVBバンクから航空機ファイナンス関連事業を買収することで合意したと発表。貸出債権56億ユーロとその他事業基盤を譲り受ける。年内に譲渡を完了させる。

中国の3月貿易統計はドル建て輸出が前年比14.2%増加、伸びは5カ月ぶりの高水準となった。ドイツが経済成長率予測を下方修正する見通しとも伝わった。こうした背景から投資家のリスク選好意欲が強まったとアナリストらは指摘。2月のユーロ圏鉱工業生産指数が前月比0.2%低下し、市場予想より小幅なマイナスとなったこともプラス材料だった。

米銀大手JPモルガン・チェース(JPM.N)が発表した第1・四半期(1─3月)決算は利益が予想を上回った。企業決算が株式相場に悪影響を及ぼすという懸念が和らぎ、米国株が過去最高値付近に迫った。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「市場はお祭り気分だ。中国発の朗報が届き、米決算も幸先の良いスタートを切った。安全資産は劣勢となりドルがアンダーパフォームしている」と話した。

同様に安全資産とされる円に対して、ドルJPY=は0.35%値上がりした。

リスクセンチメントの動きに敏感とされる豪ドルAUD=は0.69%急上昇した。

英ポンドは対ドルで0.13%高の1.3071ドル。 英国の欧州連合(EU)離脱再延期を受けて目先のリスクが後退したほか、ドルが幅広く売られたのが背景だ。

トルコリラTRY=は0.5%安。政府が今週発表した経済改革計画が失望を誘った。

<債券> 2年債、10年債、30年債の利回りがそろって3週間ぶり水準に上昇した。中国の貿易統計でドル建て輸出が予想を上回って増加したことを受け、リスク選好度が上昇し、安全資産と見なされる米国債が売られたことが背景。

長期債の利回り上昇の方が大きかったことから利回り曲線はスティープ化し、米経済がリセッション(景気後退)入りするとの懸念が和らいだ。USバンクウエルスマネジメント(ミネアポリス)の債券調査部門責任者、ビル・マーツ氏は「こうした利回りの動きは、主にオーバーナイトに発表された中国の経済指標を受けたものだった」としている。

中国税関総署が発表した3月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比14.2%増加し、市場予想を上回った。一方、輸入は前年比7.6%減少し、予想よりも大幅な落ち込みとなった。

主に堅調な米経済指標を反映し、米債券市場では2日連続で短期債と長期債ともに利回りが上昇。この日に発表された米経済指標では、3月の輸入物価が前月比0.6%上昇と、3カ月連続で伸びた。輸出物価も前月比0.7%上昇した。アナリストは今年これまでに発表された米経済指標からは、米経済のリセション入りは示唆されていないとの見方を示している。

ただMUFGの金利ストラテジスト、ジョン・ハーマン氏によると、MUFG証券のモデルでは、米連邦準備理事会(FRB)が2020年6月の会合までに3回の利下げを実施する見通しが引き続き示されているほか、7月の会合で25ベーシスポイント(bp)の利下げを決定する確率は97%であることが示されている。

これについてUSバンクのマーツ氏は、米経済が減速している兆しは出ているものの「極めて良好な状態からの減速」となっており、今年もしくは来年の利下げが正当化されるには「経済指標が著しく悪化する必要がある」との見方を示した。

午後の取引で10年債US10YT=RR利回りは2.556%と、前日終盤の2.504%から上昇。同利回りは過去2週間で約13bp上昇した。

30年債US30YT=RR利回りは2.968%と、2.937%から上昇。2年債US2YT=RR利回りは2.385%と、2.356%からやや上昇した。

2年債と10年債との利回り格差USUS10=TWEBは16.5bpに拡大し、利回り曲線はスティープ化した。

マーツ氏は「国債利回りには上昇圧力がかかり続けると」と予想。国債利回りは欧州でも上昇し、独10年債DE10YT=RR利回りも3週間ぶりの高水準を付けた。

<株式> ダウ平均株価.DJIが269ドル値上がりするなど全般的に堅調な動きとなった。米銀JPモルガン・チェース(JPM.N)の好決算を受け企業業績への不安が和らいだ。

S&P総合500種指数.SPXは昨年9月に付けた終値での最高値まで約1%に迫った。S&P500トータル・リターン・インデックス.SPXTは最高値を更新。ダウ平均やナスダック総合指数.IXICも最高値まで約1.5%に迫った。

JPモルガンは4.7%高。第1・四半期(1─3月)決算は、インフレが抑制される中、消費者および企業信頼感が力強く推移したことが追い風となり、利益が予想を上回った。大手米銀の先陣を切って四半期決算を発表したJPモルガンが好調だったことで、成長鈍化が重しになるとの懸念が払拭された。

レノックス・ウエルスアドバイザーズ(ニューヨーク)のデービッド・カーター最高投資責任者(CIO)は「JPモルガンの事業は経済全般と密接に関わっており、好決算が意味するものは大きい」と指摘した。

リフィニティブの調べによると、1ー3月期のS&P500企業の収益見通しは前年比2.3%減と、前日の2.5%減からやや改善。ただ依然として2016年以来の減益が見込まれている。 これまで500社中29社が決算を発表し、うち8割弱の企業がアナリスト予想を上回る結果となっている。

娯楽大手ウォルト・ディズニー(DIS.N)は約12%急騰し最高値を更新。新動画配信サービス「ディズニー・プラス」の詳細発表が好感された。 一方、競合のネットフリックス(NFLX.O)は4.5%安とさえず。

石油大手シェブロン(CVX.N)は約5%安。アナダルコ・ペトロリアム(APC.N)を330億ドル規模で買収すると明らかにした。 アナダルコは32%急騰した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.86対1の比率で上回った。ナスダックでも1.31対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は67億5000万株。直近20営業日の平均は69億7000万株。

<金先物> ドル安・ユーロ高に伴う割安感による買い支えが入ったものの、持ち高調整の売りや利益確定の売りも出やすく、ほぼ横ばいとなった。中心限月6月物の清算値は前日比1.90ドル(0.15%)高の1オンス=1295.20ドル。週間では0.03%安となった。中心限月ベースの清算値で、心理的な節目である1300ドルを割り込んで越週するのは、これで3週連続。

外国為替市場では未明からドル売り・ユーロ買いが進行。ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じたため、買いが先行した。また、前日は良好な雇用環境や物価の上振れを示す経済指標などを背景に下落していたことから、この日はその反動で買い戻しも入り、相場は早朝に一時1299.10ドルまで上昇した。

ただ、高値圏では利益確定の売りや週末要因に伴う持ち高調整の売りも出やすく、あと上げ幅を縮小。米銀行大手の好決算などを受けて投資家のリスク選好意欲が高まる中、米株価が上昇した半面、安全資産としての金需要は減退した。この日発表された3月の中国の貿易統計で輸出が市場予想を大きく上回ったことも、世界経済の減速懸念を和らげたため、金相場には圧迫要因となったもようだ。

金塊現物相場は午後1時45分現在、0.778ドル高の1291.695ドル。

<米原油先物> 国際石油市場の供給逼迫観測の強まりを受け、反発した。米国産標準油種WTIの中心限月5月物の清算値は、前日比0.31ドル(0.49%)高の1バレル=63.89ドル。週間では1.28%上昇した。6月物は0.35ドル高の64.02ドルだった。

11日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、リビア国営石油会社(NOC)のサナラ会長が、内戦の再発によって同国の原油生産が全面的に停止する可能性があると語ったと報道。NOCが12日にこの内容をリツイートすると、朝方にかけて買いが膨らみ、相場は一時64.65ドルの高値を付けた。前日には、国際エネルギー機関(IEA)が月報で、ベネズエラの3月の産油量が米制裁や経済崩壊、さらに停電の影響で大幅に減少したと報告しており、石油輸出国機構(OPEC)に加盟する両国の生産体制の混乱により、国際市場への原油供給が逼迫(ひっぱく)するのではないかとの見方が広がった。

このほか、3月の中国輸出の回復でエネルギー需要の減退懸念が和らいだことや、シェブロンによるアナダルコ・ペトロリアムの買収発表も相場を押し上げ。しかし、清算値確定間際にまとまった売りが出て、上げ幅の一部を削った。

ドル/円 NY終値 112.02/112.03 JPY21H=

始値 111.94 JPY=

高値 112.09

安値 111.87

ユーロ/ドル NY終値 1.1300/1.1305 EUR21H=

始値 1.1311 EUR=

高値 1.1325

安値 1.1293

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 100*16.00 2.9745% US30YT=RR

前営業日終値 101*08.00 2.9370%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*17.50 2.5615% US10YT=RR

前営業日終値 101*01.50 2.5040%

5年債(指標銘柄) 17時05分 98*26.50 2.3768% US5YT=RR

前営業日終値 99*03.75 2.3140%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*23.25 2.3934% US2YT=RR

前営業日終値 99*25.50 2.3560%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26412.30 +269.25 +1.03 .DJI

前営業日終値 26143.05

ナスダック総合 7984.16 +36.81 +0.46 .IXIC

前営業日終値 7947.36

S&P総合500種 2907.41 +19.09 +0.66 .SPX

前営業日終値 2888.32

COMEX金 6月限 1295.2 +1.9 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1293.3

COMEX銀 5月限 1496.3 +9.6 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1486.7

北海ブレント 6月限 71.55 +0.72 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 70.83

米WTI先物 5月限 63.89 +0.31 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 63.58

CRB商品指数 188.3636 +1.0384 .TRCCRB

前営業日終値 187.3252

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below