June 24, 2019 / 10:24 PM / 5 months ago

NY市場サマリー(24日)

[24日 ロイター] - <為替> 米連邦準備理事会(FRB)が年内に複数回の利下げを実施する可能性を受けドルが下落した。一方、米国とイランとの緊張が高まっていることで、安全資産としての円に買いが入った。

米中首脳は今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて会談を実施する。[nL4N23P3DQ]市場では少なくとも貿易戦争が休戦状態に入るか注目している。

為替ストラテジストのブライアン・ダインジャーフィールド氏はこの日の相場の動きについて「前週のFRBのハト派転換と今週のG20の間に挟まれている」とし、「G20を控え、市場の明確な方向性を見極めるのは難しい」と述べた。

市場では、米中が通商問題を巡る緊張の高まりを解消できなければ、FRBは関税引き上げなどの影響から米経済を守るために利下げを実施せざるを得なくなるとの見方が出ている。

<債券> 米中首脳会談を控え米国債利回りが低下した。米国とイランとの間の緊張が高まっていることも安全資産としての米国債の買いが増大する要因となっている。

トランプ米大統領は今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせ習近平国家主席と会談する。市場では米中が通商問題を解決できるか注目が集まっている。キャンター・フィッツジェラルド(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ジャスティン・レデラー氏は「現時点では市場ではこれが最大の不透明要因の1つ」と述べた。

今週は四半期末を控え、ポジション調整のための国債需要が見られる可能性がある。

<株式> はまちまちで取引を終えた。ハイテク株に買いが入る一方、ヘルスケア株の売りが膨らんだ。今週末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて開催される米中首脳会談が注目されている。

S&P総合500種とナスダック総合は小幅安。ボーイング(BA.N)など関税に影響を受けやすい工業株がけん引し、ダウ平均はプラス圏で引けた。

ノースイースト・インベスターズ・トラストのブルース・モンラッド会長兼理事は、この日の相場は静かだったとし、「(前週の)米連邦公開市場委員会(FOMC)の内容を消化しつつ、G20の結果とそれが米連邦準備理事会(FRB)の今後の政策にどう影響するかを見定めようとしている」と述べた。

S&P500の主要11セクターのうち6セクターが下落。原油価格下落を受け、エネルギー株.SPNYの下落率が最大だった。

<金先物> 米イラン間の対立激化に対する懸念などを背景に買い意欲が継続し、3営業日続伸した。中心限月の清算値としては、2013年8月28日(1418.80ドル)以来、約5年10カ月ぶりの高値水準。

トランプ米大統領は22日、ツイッターで、米無人機を撃墜したイランを非難し「大規模な追加制裁を24日に発動する」と表明。また、22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、米国が20日、イランの情報機関や複数のコンピューター・システムを対象にサイバー攻撃を仕掛けていたと報じた。このため、市場は両国の対立が一層深刻化し、軍事衝突に発展するリスクを警戒。金塊は安全資産としての側面から引き続き買いを集めた。

<米原油先物> トランプ米大統領がイランに対して新たな制裁を発動する方針を表明したことなどを背景に続伸した。

米無人偵察機がイランに撃墜された問題で両国間の軍事的緊張が高まる中、トランプ大統領はこの日、イランに対して追加制裁を発動する方針を表明。このため、中東の地政学的リスクや米イラン間の軍事衝突に対する警戒感がくすぶっており、中東産の原油供給に混乱が生じるのではないかとの懸念が根強いことも原油買いを後押しした。

また、石油輸出国機構(OPEC)総会などの日程が7月1、2両日で確定し、OPEC加盟・非加盟国による協調減産合意が延長されるとの期待が広がっていることも引き続き原油相場を下支えした。

ドル/円 NY終値 107.28/107.31 JPY21H=

始値 107.29 JPY=

高値 107.53

安値 107.26

ユーロ/ドル NY終値 1.1396/1.1400 EUR21H=

始値 1.1389 EUR=

高値 1.1403

安値 1.1380

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 106*27.00 2.5465% US30YT=RR

前営業日終値 105*28.00 2.5910%

10年債(指標銘柄) 17時05分 103*06.00 2.0177% US10YT=RR

前営業日終値 102*24.00 2.0660%

5年債(指標銘柄) 17時05分 101*06.00 1.7475% US5YT=RR

前営業日終値 100*29.25 1.8050%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*23.63 1.7344% US2YT=RR

前営業日終値 100*20.88 1.7800%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26727.54 +8.41 +0.03 .DJI

前営業日終値 26719.13

ナスダック総合 8005.70 -26.01 -0.32 .IXIC

前営業日終値 8031.71

S&P総合500種 2945.35 -5.11 -0.17 .SPX

前営業日終値 2950.46

COMEX金 8月限 1418.2 +18.1 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1400.1

COMEX銀 7月限 1537.7 +8.7 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1529.0

北海ブレント 8月限 64.86 ‐0.34 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 65.20

米WTI先物 8月限 57.90 +0.47 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 57.43

CRB商品指数 179.9925 +1.4728 .TRCCRB

前営業日終値 178.5197

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below