July 15, 2019 / 9:54 PM / a month ago

NY市場サマリー(15日)

[15日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅高で推移、全般的に薄商いの中、連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測が引き続き相場の重しとなった。

市場は現時点で7月と9月の利下げを見込んでいるが、ウエスタン・ユニオンのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「(今月の)0.25%利下げは完全に織り込まれているほか、0.50%利下げも2割程度織り込まれている」とした上で、今週の指標内容に注目していると述べた。

今週は16日に小売売上高と鉱工業生産が発表されるほか、17日には地区連銀経済報告(ベージュブック)も公表される。

FRBに加え、欧州中央銀行(ECB)の金融政策からも目が離せない。来週のECBではハト派的な姿勢が表明される見通しで、利下げは9月になると予想されている。FRBやECBがともにハト派に傾く中で、ユーロ/ドルはこれまで狭いレンジでの動きにとどまっている。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.2%高の96.956。ドル/円JPY=は107.91円と横ばい。ユーロ/ドルEUR=は小幅安の1.1255ドル。

仮想通貨のビットコインBTC=BTC=BTSPは約7%高の1万0941ドル。ムニューシン米財務長官は15日、フェイスブック(FB.O)の仮想通貨(暗号資産)「リブラ」に資金洗浄の予防策が必要との考えを示した。ただ具体的な規制策には触れなかったことで上昇を維持したという。

豪ドルAUD=D4AUD=D3は0.2%高の0.7036米ドル。中国の底堅い指標が材料となった。オフショア人民元CNH=CNH=D3は0.1%高の6.8742元。

<債券> 長期債利回りが低下した。米経済の堅調さを見極める次の指標として、16日発表の小売売上高が注目されている。

過去1週間で米イールドカーブはスティープ化した。米経済に対する見通しが改善したことで長期債利回りが上昇したためだ。

今月発表された6月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が大幅に回復。6月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数が前月比0.3%上昇し、2018年1月以来1年5カ月ぶりの大幅な伸びとなった。[nL4N2462NY][nL4N24C2R8]

指標10年債利回りUS10YT=RRは2.10%。オーバーナイトでは6月11日以来の高値水準である2.15%を付ける場面があった。

2年債と10年債の利回り差US2US10=TWEBは1ベーシスポイント(bp)縮小の26bp。ただ前週9日の15bpからは拡大している。

CMEグループのフェドウオッチによると、金利先物市場が織り込む今月の25bp利下げ確率は72%。50bp利下げ確率は28%となっている。

15日の欧州債券市場で独10年債利回りがマイナス0.30%に低下したことも米国債の重しとなった。

<株式> 振れの大きい取引になったが小幅高で終了。米企業の四半期決算発表が始まる中、金融大手シティグループ(C.N)の決算はまちまちの内容となり、銀行株を圧迫した。一方、S&P情報技術.SPLRCTとヘルスケア.SPXHCが上昇し、ナスダックは4営業日連続で、終値で最高値を更新した。

シティは0.1%安。S&P銀行株.SPXBKは1%、S&P金融株.SPSYも0.5%下落し、S&P総合500を圧迫した。

競合のJPモルガン・チェース(JPM.N)、ゴールドマン・サックス(GS.N)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)は16日に四半期決算を発表する。

個別銘柄では、製薬大手ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)が2.7%高。ベルギー・オランダのバイオ企業ガラパゴス(GLPG.AS)との関係拡大に向け、51億ドルを投じる計画を発表した。[nL4N24G2ZI]

一方、航空機大手ボーイング(BA.N)は1%安。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が週末、737MAXの運航停止が来年初旬まで続くと報じたことが重しとなった。

インターネットセキュリティー大手シマンテック(SYMC.O)は10.7%急落。CNBCは、シマンテックと米半導体大手ブロードコム(AVGO.O)の合併協議が中止になったと報じた。[nL4N24G2Y4]

<金先物> 金塊先物相場は、強弱まちまちの中国統計や対ユーロでのドル堅調を受けてほぼ横ばい。 中心限月8月物の清算値は前週末比1.30ドル(0.09%)高の1オンス=1413.50ドル。

中国国家統計局が15日発表した2019年4─6月期の国内総生産(GDP)は物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比6.2%増と、伸び率は前期(6.4%増)から鈍化。四半期ごとの数字を公表している1992年以降で最低となった。ただ、成長率は今年の政府目標の範囲内にとどまった。また、GDPと同時に発表された6月の小売売上高、鉱工業生産はいずれも予想を上回ったため、リスク回避的な金の買いは限定的。相場は前週末清算値を挟んで方向感に乏しい動きとなった。

外国為替市場でドルが対ユーロで堅調に推移したこともドル建てで取引される金塊などの商品の割高感につながり、相場の上値を抑えた。

ただ、FRBによる月内の利下げ観測が引き続き、金利を生まない資産である金相場を下支え。米中貿易摩擦が長期化し交渉が難航するとの不透明感や世界的な景気減速懸念、イランをめぐる中東の地政学的リスクの高まりなども相場の支援要因となっている。

<米原油先物> 原油先物相場は、中国景気への先行き懸念が広がる中で売りが先行し、反落した。米国産標準油種WTIの中心限月8月物の清算値は前週末比0.63ドル(1.05%)安の1バレル=59.58ドルだった。9月物は0.62ドル安の59.68ドルとなった。

中国の4─6月期GDPの落ち込みが注目され、上伸していた原油相場はマイナス圏に沈んだ。

また、外国為替市場では、午後にかけて対ユーロでドル高が先行。ドル建てで取引される原油などの商品の割高感につながり、相場の上値を抑えた。60ドルの心理的な節目を保てなかったことで利益確定の売りも出やすかったもよう。

ドル/円 NY終値 107.90/107.93 JPY21H=

始値 107.92 JPY=

高値 107.98

安値 107.85

ユーロ/ドル NY終値 1.1257/1.1259 EUR21H=

始値 1.1276 EUR=

高値 1.1277

安値 1.1254

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 105*15.00 2.6099% US30YT=RR

前営業日終値 105*00.00 2.6320%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*16.50 2.0904% US10YT=RR

前営業日終値 102*12.00 2.1060%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*17.50 1.8460% US5YT=RR

前営業日終値 99*15.50 1.8590%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*19.13 1.8351% US2YT=RR

前営業日終値 99*18.88 1.8390%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 27359.16 +27.13 +0.10 .DJI

前営業日終値 27332.03

ナスダック総合 8258.19 +14.04 +0.17 .IXIC

前営業日終値 8244.14

S&P総合500種 3014.30 +0.53 +0.02 .SPX

前営業日終値 3013.77

COMEX金 8月限 1413.5 +1.3 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1412.2

COMEX銀 9月限 1536.5 +12.9 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1523.6

北海ブレント 9月限 66.48 ‐0.24 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 66.72

米WTI先物 8月限 59.58 ‐0.63 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 60.21

CRB商品指数 183.0817 ‐1.2799 .TRCCRB

前営業日終値 184.3616

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below