July 31, 2020 / 9:34 PM / 13 days ago

NY市場サマリー(31日)大手ハイテク好決算で米株上昇、ドルも上昇

[31日 ロイター] - <為替> このところ大きく下落していたドルに対する買い戻しが入り、ドルは上昇した。

主要6通貨に対するドル指数=USDは7月は4.1%下落。1カ月の下落率としては2010年9月以来の大きさとなった。新型コロナウイルス感染の再拡大のほか、一部経済指標で米景気回復の失速が示されたことが重しとなり、7月の下落の大部分は最後の10日間のものだった。

この日発表の経済指標では、6月の個人消費支出(季節調整済み)が前月比5.6%増と、2カ月連続で伸びた。インフレ調整後の個人消費は5.2%増。5月は8.4%増だった。

これを受け、ドルは上昇。ドル指数は一時は92.539と、18年5月以来の低水準を付けたものの、その後は上向き、終盤の取引では0.6%高の93.377。

BKアセットマネジメント(ニューヨーク)のマネジングディレクター、ボリス・ショレスバーグ氏は「金利低下でドルの魅力は凋落している上、市場ではドルを巡る政治リスクも意識され始めている」と指摘。「この日は若干のショートカバーが入ったに過ぎない」と述べた。

ユーロ/ドルEUR=EBSは0.51%安の1.1786ドル。欧州連合(EU)統計局が発表した第2・四半期の域内総生産(GDP)速報値は前期比12.1%減と、現行方式で統計を取り始めた1995年以来、最大の減少となった。ただユーロ相場に大きな影響は出なかった。

ドルは円JPY=EBSに対し一時4カ月半ぶりの安値を付けたが、終盤の取引では1%高の105.77円。

英ポンドは対ドルGBP=D3で0.03%高の1.3097ドル。

<債券> 長期債利回りが過去最低水準から浮上した。ただ、投資家の慎重姿勢により、短期債利回りは低水準にとどまり、イールドカーブはスティープ化した。米議会では新型コロナウイルス追加対策法案を巡る与野党協議が続いている。

午後の取引で、指標10年債利回りUS10YT=RRは1.3ベーシスポイント(bp)上昇の0.5543%。一時3月以来の低水準となる0.5200%を付けた。

2年債と10年債の金利差US2US10=RRは43bp。前日終値から約1bp拡大した。前週24日には40bpを付けていた。

米国で失業者に対する週600ドルの特別給付措置が7月末で失効を迎える中、新型コロナウイルス追加対策法案を巡る与野党協議は31日も平行線をたどり、物別れに終わった。

2年債利回りUS2YT=RRはほぼ変わらずの0.1172%。5月8日に付けた過去最低の0.105%に近い水準で推移している。

レイモンド・ジェームズの市場ストラテジスト、エリス・ファイファー氏は、新型コロナ危機に起因する公衆衛生上の問題が解決されるまでは経済全体の改善は見込みにくいと指摘。感染者が継続的に増加し、外出が控えられているため、「消費主導の経済にとって良くない」とし、経済回復を示す初期の兆候は早すぎるものだったとした。

米商務省が31日発表した6月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比5.6%増と、2カ月連続で伸びた。第3・四半期に個人消費が持ち直す前兆となった。ただ新型コロナウイルスの感染件数が再び増えているほか、失業手当の上乗せ措置が終わる中、限定的な回復となる可能性がある。市場予想は5.5%増だった。

<株式> 上昇し、ダウ平均株価.DJIは114ドル高で取引を終えた。大手ハイテク企業の好決算を手掛かりに買いが先行。ただ、新型コロナウイルス追加対策法案の行方を巡り、不透明感が根強い中、上値の重い展開になった。

企業決算では、アップル(AAPL.O)、ネット通販大手アマゾン・ドットコム(AMZN.O)、交流サイト大手フェイスブック(FB.O)などの決算が好感され、それぞれ株価が値上がりした。

インバーネス・カウンセル(ニューヨーク)のチーフ投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は「決算内容は非常に底堅い。これらの企業は非常にもうかっており、人々が欲しがる製品を作っている」と述べた。

米国で失業者に対する週600ドルの特別給付措置が7月末で失効を迎える中、新型コロナ追加対策法案を巡る与野党協議は31日も平行線をたどり、物別れに終わった。

月間ではダウ平均が2.4%、ナスダックは6.8%、S&Pが5.5%値上がりした。

株価指数は、今年2月に付けた最高値まで約3.4%の水準に迫っている。しかし、さえないマクロ経済指標や新型コロナ感染者数の増加を受け、投資家は再び慎重姿勢に転じている。

アップル(AAPL.O)は10.5%高。第3・四半期(4─6月)決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。新型コロナ感染拡大の影響で在宅での勤務や学習が増え、同社製品やサービスへの需要が拡大した結果、すべての製品群と地域で前年同期比の売上高が伸びた。

アップルは、この日の値上がりで時価総額が1兆8200億ドルに膨らみ、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ(2222.SE)の1兆7600億ドルを抜いて世界一となった。

アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は3.7%高。第2・四半期決算は、新型コロナ感染拡大を受けインターネット販売や出店業者向けサービス事業が伸びたことで、利益は四半期として1994年の創業以来最高になった。

フェイスブック(FB.O)は8.2%高。第2・四半期決算は売上高がアナリスト予想を上回った。新型コロナ流行でオンラインサービス利用が増える中、企業がマーケティング予算をデジタル広告に振り向けた。

一方、アルファベット(GOOGL.O)は3.3%安。第2・四半期決算は、売上高が16年前の上場以来初めて減少した。ただ、新型コロナ感染拡大の中、同社のウェブ検索、動画閲覧、テレビ会議などの無料サービスに需要が高まり、広告主を維持したことから、市場予想ほどは落ち込まなかった。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.40対1の比率で上回った。ナスダックでも1.94対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は110億1000万株。直近20営業日の平均は105億3000万株。

<金先物> 世界的な景気回復の遅れなどを懸念して買われ、反発した。12月物の清算値(終値に相当)は前日比19.10ドル(0.97%)高の1オンス=1985.90ドルと、中心限月としては6営業日連続で史上最高値を塗り替えた。週間では4.66%高、月間では10.30%高。

30日夜の外国為替市場で、ドルがユーロに対して軟化。これによりドル建てで取引される商品に割安感が生じ、金塊相場はプラス圏に切り返すと、31日未明には心理的な節目の2000ドルを突破して一時2005.40ドルの高値を付けた。その後も、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な景気不透明感の強まりを背景に、金塊は最高値圏で推移した。31日に発表された4─6月期のユーロ圏実質GDP(域内総生産)速報値は前期比12.1%減と、米国に続いて過去最大の下げを記録。景気回復が想定よりも遅れるとの懸念が広がる中、金塊は「質への逃避先」として選好されやすく、上昇基調が続いている。

金塊現物相場は午後1時31分現在、16.455ドル高の1970.410ドル。

<米原油先物> 国内生産の減少や為替要因などを受けて反発した。米国産標準油種WTIの中心限月9月物の清算値(終値に相当)は前日比0.35ドル(0.88%)高の1バレル=40.27ドル。前日は3%超安となり、清算値水準で40ドルを割り込んでいた。10月物は0.33ドル高の40.57ドルだった。

この日は買いが先行。米株価の下落を眺めてリスク回避の動きから原油が売られ、一時マイナス圏に沈んだが、この春の価格急落を受けた米産油量の減少が示されたことを手掛かりに安値圏では買い戻しが入りやすかった。米エネルギー情報局(EIA)が31日発表した月報では、5月の米原油生産は日量200万バレル減少し、同1000万バレルとなった。

このところのドル安基調の中も、ドル建てで取引される原油の下支え要因。

ドル/円 NY終値 105.88/105.91 JPY21H=

始値 104.67 JPY=

高値 106.05

安値 104.69

ユーロ/ドル NY終値 1.1774/1.1778 EUR21H=

始値 1.1848 EUR=

高値 1.1852

安値 1.1762

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 101*11.50 1.1956% US30YT=RR

前営業日終値 101*10.50 1.1970%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*28.00 0.5331% US10YT=RR

前営業日終値 100*25.50 0.5410%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*06.50 0.2091% US5YT=RR

前営業日終値 100*03.25 0.2300%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*01.00 0.1093% US2YT=RR

前営業日終値 100*00.25 0.1210%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26428.32 +114.67 +0.44 .DJI

前営業日終値 26313.65

ナスダック総合 10745.28 +157.46 +1.49 .IXIC

前営業日終値 10587.81

S&P総合500種 3271.12 +24.90 +0.77 .SPX

前営業日終値 3246.22

COMEX金 12月限 1985.9 +19.1 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1966.8

COMEX銀 9月限 2421.6 +85.4 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 2336.2

北海ブレント 9月限 43.30 +0.36 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 42.94

米WTI先物 9月限 40.27 +0.35 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 39.92

CRB商品指数 143.6936 +0.9181 .TRCCRB

前営業日終値 142.7755

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below