April 4, 2019 / 9:37 PM / in 22 days

NY市場サマリー(4日)

    [4日 ロイター] - 
    
    <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが下落。軟調な独経済指標や、
イタリアが今年の成長率目標を引き下げるとのロイター報道を受け、ユーロ圏の成長鈍化
に対する懸念が高まった。
    ドイツ経済省が4日発表した2月の独鉱工業受注指数は前月比4.2%低下と、20
17年1月以来約2年ぶりの大幅なマイナスとなった。
    スコシア銀(トロント)の主任FXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、独
鉱工業受注指数は「鉱工業セクターが昨年後半の大幅な落ち込みからの急回復が見られな
いことを示唆している」と指摘。ドイツや韓国、中国など主要輸出国のセンチメントが悪
化しているとした。
    ロイターは、イタリアが2019年の国内総生産(GDP)伸び率目標を0.3%あ
るいは0.4%に引き下げ、財政赤字の対GDP比率目標を2.3%前後に引き上げる可
能性があると報じた。
    ユーロは対ドルで0.15%安の1.1217ドル。3月7日の安値1.11
74ドルに接近している。同値を下回れば2017年6月以来の安値水準となる。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 米金融・債券市場では米中通商協議の行方に注目が集まる中、米国債利回
りがやや低下した。
    米中は前週に続き通商協議を行っており、トランプ米大統領はこの日、訪米している
中国の劉鶴副首相と会談を行う。協議は4日以降も継続される可能性があるが、トランプ
大統領は会談に先立ち、協議は順調に進捗しているとの認識を示した。
    SVBアセットマネジメントのシニアポートフォリオマネジャー、エリック・ソウザ
氏は「明らかに正しい方向に向かっている」と述べた。
    終盤の取引で10年債利回りは2.513%と、前日終盤からやや低下
している。前日は一時2.528%と、1週間半ぶりの高水準を付けていた。
    今週は特に中国の経済指標が堅調だったことなどで、独10年債や英1
0年債などの利回りも上昇基調にある。
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 米国株式市場はS&P総合500種指数が小幅高、ダウ工業株30
種も上昇した。ハイテク株が下落した一方、航空機大手ボーイングや交流サ
イト大手フェイスブックなどが値上がりした。全般的に米中通商協議の行方を見守
る展開となった。
    S&P総合500種は6カ月ぶりの高値付近にある。トランプ大統領はこの日、訪米
している中国の劉鶴副首相と会談を行う。
    貿易合意期待のほか、新規失業保険申請件数が49年超ぶりの低水準を記録、労働市
場の底堅さを示したこともセンチメントを下支えした。
    S&P情報技術が0.4%安となったが、フェイスブックやボーイングが
上昇し、S&P総合500種を押し上げた。
    フェイスブックは1.4%高、S&P通信サービスの上げ(0.7%)に
寄与した。グッゲンハイムが同社の投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に引き上げ
た。
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロで
のドル高進行に伴う売りが優勢となった後、米中貿易協議の行方や米雇用統計の結果を見
極めたいとして持ち高調整の買いが入り、横ばい圏を回復した。
    米労働省が朝方発表した最新週の新規失業保険申請件数は1万件減の20万2000
件と、約49年4カ月ぶりの少なさとなった。これを受けて、翌5日に発表される3月の
米雇用統計に対する期待も高まり、早朝から外国為替市場でじりじりと進行していたドル
買い・ユーロ売りが加速。ドル建てで取引される金塊は割高感に圧迫された。
    ただその後、ホワイトハウスが4日中に米中首脳会談の日程を発表するとの一部報道
を否定。これをきっかけに、両国の貿易交渉の行方に再び不透明感が広がったほか、米雇
用統計の結果に対する警戒感も台頭し、金相場は大きく値を戻した。 
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内
の需給緩和懸念や対ユーロでのドル高を背景に売られ、続落した。
    米エネルギー情報局(EIA)が前日に発表した最新週の原油在庫は前週比720万
バレル増と、市場予想(ロイター調べ)の40万バレル減に反して大幅な積み増しとなっ
た。このため、米国内での需給不均衡に対する警戒感が再燃。また、外国為替市場では早
朝から対ユーロでドル高が先行。ドル建てで取引される原油などの商品の割高感につなが
り、原油が売られた。 
    ただ、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産効果に対する期待が根強い一方、
米国による制裁でイラン産とベネズエラ産の原油供給が一段と減少するのではとの見方も
広がっているため、原油には買い支えも入り、プラス圏に浮上する場面も見られた。米中
貿易協議の行方は依然予断を許さないものの、交渉進展への期待も高まっており、エネル
ギー需要見通しなどの面から相場を支えた面もあった。 
        
    NYMEXエネルギー:

 ドル/円 NY終値   111.65/111.68                                       
               始値          111.39                                       
               高値          111.68                                       
               安値          111.40                                       
 ユーロ/ドル NY   1.1220/1.1222                                       
               終値                                       
               始値          1.1226                                       
               高値          1.1230                                       
               安値          1.1206                                       
                                                                          
                         米東部時間                                       
 30年債(指標銘柄        17時05分   101*18.00  2.9211%             
                 )                                       
                       前営業日終値   101*13.00  2.9290%                  
  10年債(指標銘柄        17時05分   100*31.00  2.5133%             
                 )                                       
                       前営業日終値   100*30.00  2.5170%                  
 5年債(指標銘柄)        17時05分    99*03.00  2.3185%            
                       前営業日終値    99*02.75  2.3200%                  
 2年債(指標銘柄)        16時59分    99*26.50  2.3390%            
                       前営業日終値    99*26.88  2.3330%                  
                                                                          
                              終値      前日比       %                  
   ダウ工業株30種        26384.63     +166.50    +0.64        
      前営業日終値        26218.13                                       
     ナスダック総合         7891.78       -3.77    -0.05         
      前営業日終値         7895.55                                       
 S&P総合500種         2879.39       +5.99    +0.21        
      前営業日終値         2873.40                                       
                                                                          
  COMEX金 6月          1294.3       ‐1.0                        
                 限                                       
       前営業日終値          1295.3                                       
  COMEX銀 5月          1508.4       ‐1.8                        
                 限                                       
       前営業日終値         1510.2                                        
  北海ブレント 6月           69.40       +0.09                          
                 限                                       
       前営業日終値           69.31                                       
  米WTI先物 5月           62.10      ‐0.36                        
                 限                                       
       前営業日終値           62.46                                       
     CRB商品指数        187.0437     +0.1926                    
       前営業日終値        186.8511                                       
 
    
 ( 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below