May 6, 2019 / 9:39 PM / 14 days ago

NY市場サマリー(6日)

    [6日 ロイター] -    
    <為替> ドルが対円で5週間ぶりの安値を付けたほか、他の主要通貨に対しても下
落した。トランプ米大統領が前日に2000億ドル相当の中国製品に対する関税を25%
に引き上げる方針を表明したことを受け、米中通商協議が頓挫するとの懸念が出ている。
ただ、この日は英国と日本の金融市場が休場だったため商いは薄かった。
    TD証券(トロント)の北米外為戦略部門責任者、マーク・マコーミック氏は「週末
に出てきたニュースは、地政学的な時限爆弾がまだ埋まっていることを改めて認識させる
ものだった」と指摘。ただトランプ氏のこうした態度は「合意を得るための交渉加速化」
を狙った可能性もあるとの見方も示した。
    終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は97.527と、ほぼ横ばい。  
  
    ドル/円は一時110.29円と、5週間ぶりの安値を更新。その後は0.2%安の
110.88円となっている。円は地政学リスクが高まった時などに買われる傾向がある
。
    中国人民元は約1%下落し、1ドル=6.80元近辺と、年初来安値に迫っ
た。中国経済に連動して動く傾向のある豪ドルとニュージーランド(NZ)ドル
も下落した。 
    英ポンドは対ドルで0.6%安の1.3101ドル。メイ首相が協議の内容をリーク
したと野党が批判したことが売り材料となった。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 国債利回りが低下。米中貿易摩擦が再燃し、世界の景気減速につながると
の懸念から、株などのリスク資産を手放し、安全資産とされる政府債を買う動きが加速し
た。
    クレディ・スイスの金利ストラテジスト、ジョナサン・コーン氏は、国債利回りの低
下について「貿易の懸念が主因」と指摘。「米中貿易協議が頓挫すれば、利回りはさらに
低下する余地が存在する」と述べた。
    終盤の取引で、指標10年債利回りは前営業日終盤から3ベーシスポイ
ント(bp)低下し、2.4998%。2年債利回も2.8bp低下の2.3
107%。
    ただ、インフレ動向を見極めようと、10日発表の米消費者物価指数(CPI)に注
目が集まる中、利回りは下げ渋った。
    米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁はこの日、下向きのインフレトレンドは
「一時的な」可能性があるとし、現時点で金融政策を調節する理由はないとの認識を示唆
した。 
    米財務省が今週実施する総額840億ドルの四半期定例入札も注目される。7日には
380億ドルの3年債、8日には270億ドルの10年債、9日には19
0億ドルの30年債入札が実施される。
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 米国株式市場は反落して取引を終えた。トランプ大統領の中国製品関税引
き上げ表明を嫌気したが、通商合意期待が一部に根強いほか、ヘルスケア株が上昇して、
下げ幅を大きく縮小した。
    トランプ氏の対中関税引き上げ発言により、世界経済成長率の減速懸念が台頭。S&
P500は取引時間中に一時1.6%安となる場面があった。
    もっとも午後に入ると、主要株価指数は大幅に下げ幅を縮小。間もなく通商合意に達
するとの期待感が根強いという。
    UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのシニア米州株式ストラテジスト、デー
ビッド・レフコウィッツ氏は、「米中が引き続き妥協点を見いだすことがわれわれのベー
スシナリオ」とした上で、「ネガティブな結果になる可能性はおそらくわずかに上昇して
いるが、定量的に述べるのは難しい」とした。
    S&Pヘルスケアの上昇も支援材料となった。グレンビュー・キャピタル・
マネジメントの最高経営責任者(CEO)、ラリー・ロビンス氏がヘルスケアセクターを
選好すると述べた。
    一方、景気循環株や貿易に敏感なセクターが敬遠され、S&P素材、S&
P工業、S&P情報技術が下落した。
    中国向け輸出比率が大きい米ボーイングは1.3%安。半導体株も売られ、フ
ィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1.7%安。アップルは1
.5%安だった。
    石油・ガス開発のアナダルコ・ペトロリアムは3.8%高。米エネルギー大
手オキシデンタル・ペトロリアムが380億ドルのアナダルコ買収案の現金部分
を引き上げた。
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> 売りが先行したものの、ドルが対ユーロで軟調に転じると割高感が和ら
いで買い戻され、小幅続伸した。中心限月6月物の清算値は前週末比2.50ドル(0.
20%)高の1オンス=1283.80ドルとなった。 
    トランプ米大統領は5日、中国からの輸入品2000億ドル相当に対する追加関税を
10日に10%から25%に引き上げるとツイッターで表明。トランプ氏の意向に強く反
発する中国が協議中止を検討しているとの報道も流れ、二大経済大国による対立が長引け
ば、世界経済に悪影響を与えるのではないかとの懸念が広がる中、世界の主要株価が軒並
み下落。ただ、こうしたリスク回避の動きは金買いにはつながらず、この日の金相場は為
替相場に振り回される展開となった。
    ドル建てで取引される金相場はドル高・ユーロ安に伴う割高感に押され、朝方は売り
が先行。ただ、その後はドルが対ユーロで軟調に転じたことから割高感が和らぎ、徐々に
値を戻してプラス圏に回復した。 
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> 米中貿易戦争に対する懸念再燃を受けて売りが先行したものの、イ
ランをめぐる地政学的リスクの高まりを背景に買い戻され、続伸した。米国産標準油種W
TIの中心限月6月物の清算値は前週末比0.31ドル(0.50%)高の1バレル=6
2.25ドル。7月物の清算値は0.33ドル高の62.37ドルとなった。
    トランプ米大統領は5日、中国からの輸入品2000億ドル相当に対する追加関税を
10日に10%から25%に引き上げるとツイッターで表明。米中貿易交渉の閣僚級協議
が8日からワシントンで再開されるのを前に、中国に譲歩を促す狙いがあるとみられるが
、10日にも大筋合意に達するのではとの期待も広がっていただけに、投資家心理に冷や
水を浴びせた格好となった。中国側が協議の中止を検討しているとの報も伝えられる中、
米中貿易交渉が決裂すれば、原油需要にも影響が及ぶとの懸念が浮上。相場は前日夜に一
時60.04ドルまで下落し、60ドルの大台割れが目前に迫った。
    ただ、その後は徐々に買い戻しが入り、この日の午前中ごろまでには前週末の清算値
付近まで値を回復した。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が5日、米空母「
エーブラハム・リンカーン」を中心とする空母打撃群と爆撃部隊を中東に派遣する発表。
核・ミサイル開発やテロ支援の阻止に向けてイランを強くけん制する狙いがあるが、これ
を受けて地政学的リスクが高まったことから、中東地域の原油供給が混乱するのではない
かとの警戒感が台頭。相場をプラス圏に押し上げる要因となった。
        
    NYMEXエネルギー:
        ドル/円 NY終値      110.76/110.79                                              
                      始値             110.77                                              
                      高値             110.95                                              
                      安値             110.76                                              
    ユーロ/ドル NY終値      1.1197/1.1202                                              
                      始値             1.1197                                              
                      高値             1.1209                                              
                      安値             1.1180                                              
                                                                                           
                                   米東部時間                                              
      30年債(指標銘柄)           17時05分     101*26.00     2.9085%             
                                 前営業日終値     101*14.50     2.9260%                    
       10年債(指標銘柄)           17時05分     101*02.50     2.4998%             
                                 前営業日終値     100*26.00     2.5300%                    
        5年債(指標銘柄)           17時05分      99*25.50     2.2933%            
                                 前営業日終値      99*20.00     2.3300%                    
        2年債(指標銘柄)           17時05分      99*28.38     2.3087%            
                                 前営業日終値      99*26.50     2.3390%                    
                                                                                           
                                        終値        前日比          %                    
          ダウ工業株30種           26438.48        -66.47       -0.25        
             前営業日終値           26504.95                                              
            ナスダック総合            8123.29        -40.71       -0.50         
             前営業日終値            8164.00                                              
        S&P総合500種            2932.47        -13.17       -0.45        
             前営業日終値            2945.64                                              
                                                                                           
       COMEX金 6月限             1283.8          +2.5                           
              前営業日終値             1281.3                                              
       COMEX銀 7月限             1492.7         ‐5.1                           
              前営業日終値            1497.8                                               
       北海ブレント 7月限              71.24         +0.39                             
              前営業日終値              70.85                                              
       米WTI先物 6月限              62.25         +0.31                           
              前営業日終値              61.94                                              
            CRB商品指数           180.6814      ‐1.0906                       
              前営業日終値           181.7720                                              
 
    
 ( 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below