for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(2日)主要株価指数は最高値、ドル軟調

[2日 ロイター] -  <為替> ドルが一時3カ月ぶりの高水準を付けたものの、その後は下落に転じた。市場関係者は、6月の米雇用統計の主要な部分は堅調だったものの、詳細を見ると軟調だったことが重しになったとしている。

主要6通貨に対するドル指数は一時92.759と、3カ月ぶり高値を付けたが、午後の取引では0.3%安の92.246。独立記念日の祝日を控え、商いは細っている。

労働省発表の6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比85万人増と、5月の58万3000人増から伸びが加速し、10カ月ぶりの大幅増となった。ただ失業率は5.9%と、5月の5.8%から悪化。市場予想は5.7%だった。

アナリストは今回の雇用統計について、全般的に力強く、正しい方向に向かっているとし、連邦準備理事会(FRB)が近くテーパリング(量的緩和の縮小)を開始する根拠になるとの見方を示している。

TDセキュリティーズはリサーチノートで「雇用統計の全般的なトーンは引き続き前向きだった。2カ月連続で失望させられたが、6月の雇用統計は米経済の回復が軌道に乗っていることを改めて示すものだった」と指摘。ドルは下落したものの、大幅な調整が入るとは予想されていないとした。

キャピタル・エコノミクスのシニア市場エコノミスト、ジョナス・ゴルターマン氏は「大きな視点から見ると、連邦公開市場委員会(FOMC)後のドルの他の主要通貨に対する上昇が、今週、拡大した」とし、「米経済指標が堅調に推移する限り、こうした動きは継続する」と述べた。

この日発表の他の経済指標では、5月の製造業新規受注が前月比1.7%増と、4月の0.1%減から力強く回復。これを受け、ドルは下げ幅を縮小する場面もあった。

ユーロは対ドルで0.1%高の1.1851ドル。

ドルは対円で0.5%安の111.04円。一時は15カ月ぶり高値を付けていた。

<債券> 国債利回りが低下。朝方発表された雇用統計を巡り、市場の解釈が分かれた。

この日は独立記念日の連休を控え短縮取引だった。

10年債利回りは3.9ベーシスポイント(bp)低下の1.4407%。

6月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比85万人増と、前月の58万3000人増から伸びが加速する一方、失業率は5.8%から5.9%に悪化した。

雇用統計を受け、国債利回りは一時的に上昇したものの、その後は押し戻される動きとなった。統計が米連邦準備理事会(FRB)の政策にどう反映されるかを巡って解釈が分かれたという。

TDセキュリティーズの国際金利戦略部長のプリヤ・ミスラ氏は「市場の見通しもしくはFRBの反応を織り込むべきか、市場は真っ二つに割れた」と述べた。

シーポート・グローバル・ホールディングスのマネジングディクレター、トム・ディガロマ氏は、教育機関が再開する秋が近づくまで利回りが急激に上昇することはないと予想した。

2年債利回りは1.7bp低下し0.2396%。2年債と10年債の利回り格差は小幅縮小し120bp。物価連動国債利回りは30年物がマイナス0.209%。10年物がマイナス0.905%。物価連動国債と通常の国債の利回り差で、期待インフレを示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は2.338%。

<株式> 主要株価3指数が軒並み最高値を更新した。朝方発表された米雇用統計は雇用者数の伸びが市場予想を上回ったものの、根強い脆弱(ぜいじゃく)性も示され、米連邦準備理事会(FRB)が当面金利を現行水準に据え置くとの見方を支えた。

S&P総合500種指数は7営業日続伸。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによると、1997年6月以来最長となる。

6月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比85万人増と、前月から伸びが加速し、10カ月ぶりの大幅増となった。しかし依然として、コロナ禍前の昨年2月の水準を680万人下回っている。

ウェルズ・ファーゴ・ウェルス&インベストメント・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、ダレル・クロンク氏は「資本市場や株式・債券市場にとって、今回の内容はゴルディロックス(適温)となった」と指摘。「望ましい雇用の伸びが見られたが、連邦準備理事会(FRB)に早めの対応を迫るほどではなかった」と述べた。

ハイテク大手が上昇を主導。マイクロソフトの上げが目立ったほか、アップル、アマゾン・ドット・コム、アルファベットも値上がりした。一方、金融株や公益株は下落した。

週間ではダウ工業株30種が1%、S&Pが1.7%、ナスダック総合が1.9%それぞれ上昇した。

個別銘柄では電気自動車(EV)大手テスラが0.15%高。第2・四半期の納車台数は20万1250台と過去最高を記録し、市場予想も上回った。

宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングスは4.1%高。同社を率いるリチャード・ブランソン氏が11日に実施する宇宙への試験飛行に参加すると発表。アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が20日に計画する宇宙旅行に先行することになった。

中国配車サービス最大手、滴滴出行(ディディ)は5.3%安。中国サイバースペース管理局(CAC)が国家安全と公益を守るためにディディの調査を開始したと述べたことが売り材料となった。

市場の関心は、第2・四半期の企業決算やバイデン米大統領が推進する大型インフラ投資計画の進展にシフトしている。来週公表される6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨にも注目が集まる。

独立記念日の連休を控え、商いは薄く、米取引所の合算出来高は79億5000万株だった。直近20営業日の平均は108億1000万株。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.13対1の比率で上回った。ナスダックでも1.48対1で値上がり銘柄数が多かった。

<金先物> 米長期金利の低下を支えに3日続伸した。米雇用統計を受けて売り買いが交錯する場面があったものの、午後にかけては米独立記念日の3連休を前に小幅な値動きとなった。中心限月8月物の清算値(終値に相当)は前日比6.50ドル(0.37%)高の1オン ス=1783.30ドル。週間では5.50ドル(0.31%)高。

この日発表された6月の米雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比85万人増と、2カ月連続で改善し、市場予想を上回った。一方、失業率は5.9%と0.1ポイント悪化した。発表を受けて、金塊はこの日の安値の1774.40ドルと高値の1795.90ドルのレンジで上下。ただ、売り買いが一巡すると、長期金利の低下が金利を生まない資産である金の相場の支えとなり、1783ドル近辺で落ち着いた値動きとなった。

<米原油先物> 有力産油国による生産方針をめぐる協議の結果待ちで神経質な商いとなった。米国産標準油種WTIの中心限月8月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.07ドル(0.09%)安の1バレル=75.16ドル。週間では1.5%上昇した。9月物は0.03ドル高の74.36ドルだった。

石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要国で構成する「OPECプラス」は2日、前日に予定されていた閣僚級会合を開き、8月以降の生産方針に関して協議。OPECの盟主サウジアラビアとロシアは事前に、年末まで毎月日量40万バレル増産する案で暫定合意していたものの、アラブ首長国連邦(UAE)が自国の産油量をより増やすよう求めたことで会合の開催は延期されていた。

午前の相場は対ユーロでのドルの動向などを眺め、やや荒い値動きとなる場面があったものの、その後は協議の結果待ちで様子見ムードが広がり、横ばい圏でもみ合い。ロイター通信が情報筋の話として伝えたところによると、今会合では年末までの増産規模に関する合意に絞り、現行の協調減産の期限を2022年4月末以降も延長するかどうかの話し合いは見送りとする可能性があるという。

ドル/円 NY終値 111.04/111.07

始値 111.43

高値 111.59

安値 110.96

ユーロ/ドル NY終値 1.1864/1.1866

始値 1.1826

高値 1.1874

安値 1.1808

米東部時間

30年債(指標銘柄) 14時30分 107*11.00 2.0451%

前営業日終値 106*13.00 2.0860%

10年債(指標銘柄) 14時30分 101*25.00 1.4306%

前営業日終値 101*10.50 1.4800%

5年債(指標銘柄) 14時27分 100*02.50 0.8590%

前営業日終値 99*27.75 0.9020%

2年債(指標銘柄) 14時30分 99*24.88 0.2376%

前営業日終値 99*23.63 0.2570%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 34786.35 +152.82 +0.44

前営業日終値 34633.53

ナスダック総合 14639.33 +116.95 +0.81

前営業日終値 14522.38

S&P総合500種 4352.34 +32.40 +0.75

前営業日終値 4319.94

COMEX金 8月限 1783.3 +6.5

前営業日終値 1776.8

COMEX銀 9月限 2650.1 +40.1

前営業日終値 2610.0

北海ブレント 9月限 76.17 +0.33

前営業日終値 75.84

米WTI先物 8月限 75.16 ‐0.07

前営業日終値 75.23

CRB商品指数 214.9547 +0.3846

前営業日終値 214.5701

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up