February 6, 2020 / 9:45 PM / 11 days ago

NY市場サマリー(6日)

    [6日 ロイター] -    
    <為替>ドルが対ユーロで4カ月ぶり、対円で2週間ぶり高値に上昇した。堅調な米
経済指標に加え、中国で発生した新型コロナウイルスの懸念が後退したことが背景。
    安全資産とされる円やスイスフランは対ドルで4日続落。新型ウイルス封じ込めに向
けた中国政府の取り組みを受け、リスク許容度が高まった。
    BKアセット・マネジメントのマネジングディレクター、キャシー・リエン氏は、米
指標のそのほとんどが悪い内容ではないとした上で、「新型ウイルスは終息していきそう
で、時間の問題だ。経済に対するウイルスの悪影響が指標で明らかになるまで、市場は引
き続き企業決算に注視するだろう」と述べた。
    新華社によると、中国の習近平国家主席は、サウジアラビアのサルマン国王と電話会
談を行い、感染が拡大している新型コロナウイルスへの対応で、予防と封じ込めに向けた
対策でこれまでのところ良好な結果が得られていると指摘。これも市場の楽観論につなが
った。
    午後の取引でドルは対円で0.1%高の109.99円。対スイスフランCHF
=では0.2%高の0.9756フラン。
    一方、ユーロは下落し、終盤は0.2%安の1.0978ドル。ドイツの昨年
12月の鉱工業受注指数が予想に反して前月比2.1%低下し、昨年2月以来の大幅な落
ち込みとなった。    
    ドル指数は98.572と、昨年10月中旬以来の水準を付けた。終盤の取引
では0.2%高の98.524。この日発表された新規失業保険申請件数や労働生産性の
米経済指標が好調だったことも支援した。   
    一方、オフショア人民元は対ドルで横ばいの6.9786元だった。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 利回りがほぼ変わらず。新型コロナウイルス封じ込めに向けた中国の取り
組みが経済的な影響を最小限にとどめる上で十分かどうか、投資家は見極めようとしてい
る。また、1月の米雇用統計の発表を7日に控え、米債相場は小動きとなった。
    終盤の取引で、指標10年債利回りは1.6422%と、1ベーシスポ
イント(bp)以下の低下にとどまった。
    2年債利回りは1.4472%と、1bp以下の上昇となった。 
    TDセキュリティー図のグローバル金利戦略主任、プリヤ・ミスラ氏は、利回りが過
去数営業日上昇した後、「きょうは値動きを主動する材料はさほどみられなかった」と述
べた。    
    中国当局によると、新型コロナウイルス感染による国内の死者は563人に達し、感
染者も2万8000人を超えた。
    中国財政省は同日、米国からの1717品目の輸入品に対し昨年発動した追加関税に
ついて、税率を半分に引き下げると発表。アナリストの間では、新型コロナウイルスの感
染が広がる中、市場の信頼感向上を狙った措置との見方が出ている。
    この日発表された米経済指標では、1日終了週の新規失業保険申請件数が前週比1万
5000件減の20万2000件と、約9カ月ぶりの低水準となり、今年も労働市場の引
き締まりが景気を下支えする可能性を示唆した。
    2019年第4・四半期の非農業部門労働生産性・速報値は前期比1.4%上昇と、
市場予想は下回ったが、第3・四半期の落ち込みからは持ち直した。   
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 米国株式市場は4営業日続伸し、最高値で取引を終えた。新型コロナウイ
ルスの感染拡大による経済への影響懸念が緩和した。 
    
    米国株式市場:
    
    <金先物>  続伸。中心限月4月物の清算値は前日比7.20ドル(0.46%)
高の1オンス= 1570.00ドル。
    新型コロナウイルスによる感染拡大の動向に市場の注目が集まる中、中国が積極的に
経済対策を行い、米連邦準備制度理事会(FRB)も緩和的な金融政策を当面の間は続け
るとの見方から金を買う動きがあった。
    ただ、1月の米雇用統計発表を翌日に控えて様子見ムードも広がり、相場の上値は重
かった。さらに外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。ドル建てで取引される金塊な
どの商品の割高感につながり、金の上値を抑えた。
    朝方発表された米新規失業保険申請件数などの米経済指標は材料視されなかった。
    金塊現物相場は午後1時36分現在、8.140ドル高の1566.805ドル。
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物>  石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国による協調減産の拡
大に期待が広がる中、続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月3月物の清算値は前日
比0.20ドル(0.3 9%)高の1バレル=50.95ドル。4月物は0.22ドル
高の51.14ドル。
    OPEC加盟・非加盟国で構成するOPECプラスは4、5両日に開催した会合を延
長し、6日も実施。ロイターは、現行の協調減産を暫定的に日量60万 バレル拡大する
よう勧告することで合意したと報じた。また、中国政府は6日、対米報復関税の一部につ
いて、14日に税率を引き下げると発表。世界的なエネルギー需要の先行きに楽観的な見
方が広がったことも相場の支援材料となった。 
    ただ、外国為替市場ではドル高・ユーロ安が進行。ドル建てで取引される原油に割高
感が生じたことから、上値は抑えられた。 
        
    NYMEXエネルギー:
     ドル/円 NY午後4時      109.99/110.00                                              
                      始値             109.91                                              
                      高値             109.99                                              
                      安値             109.83                                              
 ユーロ/ドル NY午後4時      1.0977/1.0981                                              
                      始値             1.1000                                              
                      高値             1.1004                                              
                      安値             1.0965                                              
                                                                                           
                                   米東部時間                                              
      30年債(指標銘柄)           16時31分     105*27.00     2.1096%             
                                 前営業日終値     105*10.00     2.1330%                    
       10年債(指標銘柄)           16時30分     100*30.50     1.6439%             
                                 前営業日終値     100*29.00     1.6490%                    
        5年債(指標銘柄)           16時33分      99*18.50     1.4631%            
                                 前営業日終値      99*19.00     1.4600%                    
        2年債(指標銘柄)           16時32分      99*27.38     1.4492%            
                                 前営業日終値      99*27.88     1.4410%                    
                                                                                           
                                        終値        前日比          %                    
          ダウ工業株30種           29379.77        +88.92       +0.30        
             前営業日終値           29290.85                                              
            ナスダック総合            9572.15        +63.47       +0.67         
             前営業日終値            9508.68                                              
        S&P総合500種            3345.78        +11.09       +0.33        
             前営業日終値            3334.69                                              
                                                                                           
       COMEX金 4月限             1570.0          +7.2                           
              前営業日終値             1562.8                                              
       COMEX銀 3月限             1781.8         +21.6                           
              前営業日終値            1760.2                                               
       北海ブレント 4月限              54.93        ‐0.35                             
              前営業日終値              55.28                                              
       米WTI先物 3月限              50.95         +0.20                           
              前営業日終値              50.75                                              
            CRB商品指数           170.4761       +0.9330                       
              前営業日終値           169.5431                                              
 
    
 ( 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below