for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(18日)主要株価指数が3週続落、円は7週ぶり高値

    [18日 ロイター] -    
    <為替> 円が対ドルで5日連続で上昇し、7週間ぶりの高値を付けた。欧州で新型
コロナウイルス感染が急拡大していることに加え、米国で追加景気対策法案を巡る与野党
間の協議に進展が見られないことで、安全通貨としての円の需要が高まった。
    週足で主要6通貨に対するドル指数は8月以来初めて下落。市場関係者は、1
1月3日の米大統領選挙を控え市場が神経質になっていることや、米中間の緊張の高まり
などもドル軟調の要因として挙げている。
    英ポンドは、新型ウイルス感染の拡大を受け全国的なロックダウン(都市封
鎖)の再導入がを検討されていると伝わったことで下落。イングランド銀行(英中銀)が
17日にマイナス金利政策について言及したことも重しになっている。[nL
4N2GE3AR]
    欧州ではフランスでも感染が急拡大。OANDA(ニューヨーク)のシニア市場アナ
リスト、エドワード・モヤ氏は、新型ウイルス感染再拡大を巡る懸念が増大していること
で「リスク回避」の姿勢が高まっていると指摘。「欧州諸国はウイルスとの戦いで今は負
けているように見える」とし、「経済活動の再開については失望的なニュースが増えてお
り、リスク選好の重しとなる」と述べた。
   ユーロは対ドルでほぼ横ばいの1.1851ドル。ただ対円では過去5日間
で4日下落した。終盤の取引でユーロ/円は123.90円。
    ドル/円は一時104.27円まで下落し、7月31日以来の安値を更新
。終盤の取引では0.19%安の104.53円。
    BKアセット・マネジメントの外為戦略部門マネジング・ディレクター、ボリス・シ
ョレスバーグ氏は「日銀による量的緩和にもかかわらず、日本の市場状況は見かけよりも
かなりタイトになっている」と指摘。「これにより円に対する大きな傾きが見られている
」と述べた。
    市場関係者は、日本の金融市場が来週21日と22日に休場となるため、薄商いに備
えた動きが円の上昇に寄与した可能性もあるとしている。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 国債利回りがこのところのレンジ内で安定的に推移した。投資家は2%の
インフレ率を容認する米連邦準備理事会(FRB)の新戦略を巡る当局者発言を注視して
いる。
    午後の取引で、指標10年債利回りは1ベーシスポイント(bp)弱上
昇し、0.6904%。今週の6bpの取引レンジ内で推移し、16日の米連邦公開市場
委員会(FOMC)前の水準近辺となった。
    この日はFRB当局者による新戦略を巡る発言が相次いだ。
    ウィズダムツリーの債券戦略部門責任者、ケビン・フラナガン氏は、米債市場にはF
RBの新戦略が景気回復促進につながるのか懸念があるようだと述べた。
    米国株は不安定な値動きの中で下落。新型コロナウイルスの感染拡大やまばらな経済
回復などへの懸念を背景にリスクセンチメントが冷え込んだ。ハイテク株は序盤に上昇す
る場面があったが伸び悩み、3日続落。
    米商務省が18日発表した第2・四半期の経常収支は、赤字額が前期比52.9%増
の1705億4100万ドルと、世界金融危機さなかの2008年第3・四半期以来、約
12年ぶりの大幅な赤字額となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行
)によるモノとサービスの輸出の減少が、輸入の減少を上回った。市場予想は1579億
ドルの赤字だった。
    米ミシガン大学が18日公表した9月の消費者信頼感指数(速報値)は78.9に改
善し、予想の75.0も上回った。11月の米大統領選を控え、民主党支持者が共和党支
持者より景気の先行きが明るいとみていることも示された。
    2年債と10年債の金利差は55bpと、前日終盤からほぼ変わらず。
ただ、直近の低水準である7月24日の33bpを大きく上回っている。
    2年債利回りは1bp弱上昇の0.1371%。 
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 続落。ハイテク株が3日連続で売られ、アップル、マイクロソフ
ト、アマゾン・ドット・コム、アルファベットの下げが目立
った。
    週間では主要株価3指数がそろって3週連続で下落。3週連続での下落は、ナスダッ
ク総合が昨年8月以来、ダウ工業株30種とS&P総合500は昨
年10月以来。
    グローバルト・インベストメンツのシニアポートフォリオマネジャー、トム・マーテ
ィン氏は「2日にピークを付けた後、これまで好調だったハイテク株や成長株が主導する
格好で急速な下げが続いている」と指摘した。
    USバンク・ウェルス・マネジメントのシニア投資ストラテジストのロブ・ハウォー
ス氏も、優良ハイテク株を売り、他のセクターに買いを入れる最近の動きが継続している
と指摘。「経済成長を巡る懸念と言うよりは、利食い売りや調整、セクター間のローテー
ションのようだ」と述べた。            
    今月に入り、ハイテク株の売りが膨らむ一方、S&P素材はアウトパフォ
ームしている。
    この日は、S&P情報技術が1.7%安。アップルは3.2%下落した。 
  
    個別銘柄では、電気自動車(EV)テスラが4.4%高で終了。来週22日
に開かられる「バッテリーデー」が注目される中、アナリスト2人が目標株価を引き上げ
た。    
    週足では、ダウ平均が小幅安。S&Pは0.7%、ナスダックは0.6%それぞれ下
落した。    
    欧州など、米国外で新型コロナウイルス感染が再拡大しているものの、さほど材料視
されなかった。    
    ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.02対1の比
率で上回った。ナスダックも1.12対1で値下がり銘柄数が多かった。
    米取引所の合算出来高は143億1000万株と、6月のFTSEラッセルの年次指
数調整以来の高水準に達した。
    この日は株式先物取引や株価指数オプション取引などの取引最終日が重なる「クアド
ルプル・ウィッチング」に当たったことで、引けにかけて出来高が増加した。
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> ドル安・ユーロ高に伴う割安感を受けた買いが入り、反発した。中心限
月12月物の清算値(終値に相当)は前日比12.20ドル(0.63%)高の1オンス
=1962.10ドル。週間では0.73%高と、プラスでの越週はこれで2週連続とな
った。 
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> やや方向感に欠ける商いながら、4日続伸となった。米国産標準油
種WTIの中心限月10月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.14ドル(0.34
%)高の1バレル=41.11ドル。週間では10.1%上昇した。11月物は0.10
ドル高の41.32ドルだった。 
        
    NYMEXエネルギー:

       ドル/円 NY終値     104.55/104.58                                           
                     始値            104.31                                           
                     高値            104.63                                           
                     安値             104.3                                           
   ユーロ/ドル NY終値     1.1837/1.1841                                           
                     始値            1.1839                                           
                     高値             1.187                                           
                     安値            1.1828 米東部時間                                           
     30年債(指標銘柄)          17時05分     98*02.00    1.4551%             
                               前営業日終値     98*23.50    1.4270%                   
      10年債(指標銘柄)          16時59分     99*10.00    0.6970%             
                               前営業日終値     99*14.50    0.6820%                   
       5年債(指標銘柄)          17時05分     99*26.75    0.2835%            
                               前営業日終値     99*28.75    0.2710%                   
       2年債(指標銘柄)          17時04分     99*31.00    0.1411%            
                               前営業日終値     99*31.50    0.1330%  終値       前日比         %                   
         ダウ工業株30種          27657.42      -244.56      -0.88        
            前営業日終値          27901.98                                           
           ナスダック総合          10793.28      -117.00      -1.07         
            前営業日終値          10910.28                                           
       S&P総合500種           3319.47       -37.54      -1.12        
            前営業日終値           3357.01 COMEX金 12月限            1962.1        +12.2                          
             前営業日終値            1949.9                                           
     COMEX銀 12月限            2712.9         +2.9                          
             前営業日終値           2710.0                                            
     北海ブレント 11月限             43.15       ‐0.15                            
             前営業日終値             43.30                                           
     米WTI先物 10月限             41.11        +0.14                          
             前営業日終値             40.97                                           
           CRB商品指数          151.5413      +0.7604                      
             前営業日終値          150.7809                                           
    
    

    
 ( 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up