for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(1日)ドル指数1週間ぶり安値、米株続伸

    [1日 ロイター] -    
    <為替> ドル指数が約1週間ぶり安値に沈んだ。追加の米コロナ経済対策への期待を追い風に、高利
回り・高リスク通貨の買いが膨らんだ。
    ムニューシン米財務長官とペロシ下院議長は暗礁に乗り上げている追加の新型コロナウイルス経済対策
を巡り、この日も電話会談を行ったが、主要部分の見解の相違は埋まらなかった。今後も協議は続けられる
。
    終盤の取引で、ドル指数は0.1%安の93.722。一時、9月22日以来の安値となる93
.522を付けた。
    ユーロ/ドルは0.2%高の1.1743ドル。
    ドルは資源国通貨に対しても下落。豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルCAD
=D3は対ドルで、それぞれ0.3%、0.6%、0.4%上昇した。    
    オフショア中国人民元も一時、対ドルで昨年5月初旬以来の高値となる6.7306元を付
けた。中国市場が休場で流動性が低下し、相場の動きが誇張されたことも背景にある。その後、ドル/元は
0.5%安の6.7506元の水準で推移した。
    ドルは全面安となったものの、アナリストの間からはドル安は長続きせず、リスク資産の買いは先細る
との声も聞かれた。コロナ感染状況が悪化している欧州で、ロックダウン(都市封鎖)再導入が広がる可能
性も指摘された。  
    この日発表された米指標による為替相場への影響は限定的だった。[nL4N2GS
2ZJ]
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 長期債利回りが午後に入って低下し、横ばいに戻した。市場では2日に発表される9月の米
雇用統計に注目している。
    午後の取引で2年債と10年債の利回り格差は54.3ベーシスポイント(bp)に縮小。一時は1カ
月ぶり水準の58.2bpに拡大した。利回り格差は主に長期債の動きが要因。短期債利回りは、米連邦準
備理事会(FRB)が当面は金利をゼロ付近に維持すると確約していることでほぼ動きがない。
    10年債利回りは横ばいの0.676%。30年債利回りも横ばいの1.45
2%。
    この日の序盤は、新型コロナウイルス対策を巡る追加刺激策の協議が進展する見通しから長期債利回り
が上昇。その後、交渉が行き詰まったという報道で反転した。
    米供給管理協会(ISM)が1日に発表した9月の製造業景気指数は55.4と前月から低下したこと
も、利回りの低下要因になった。
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 続伸。追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議が一進一退の展開となる中、相場は不
安定な展開となった。朝方発表された一連の経済指標は景気回復失速の可能性を示唆し、2日に発表される
9月米雇用統計に注目が集まる。    
    ナスダック総合は1.42%高とアウトパフォーム。アマゾン・ドット・コム、マイ
クロソフト、アップルが上昇し、ナスダックとS&P総合500押し上げに寄与した。
    S&P主要11セクター中7セクターがプラス圏で引けた。不動産の上昇が目立った半面、
エネルギーは3.1%の大幅安となった。
    石油大手エクソンモービルは、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の影響で、第3・
四半期に予想以上の損失を計上するとの見通しを示したことが嫌気され、3.5%安となった。[nL4N2GS38
V]
    一方、家庭用品小売ベッド・バス・アンド・ビヨンドは25.1%急伸。インターネット通販
が好調で、四半期損益が予想外の黒字となった。
    航空機ボーイングも1.6%高。米連邦航空局(FAA)のディクソン長官が前日行った737
MAX機の試験飛行について、「飛行は良い感じだった」とコメントしたことが材料視された。[nL4N2GS0G
0]
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> 米追加経済対策の実現が見通せない中、安全資産としての需要が高まり反発した。中心限
月12月物の清算値(終値に相当)は、前日比20.80ドル(1.10%)高の1オンス=1916.3
0ドルと、9月18日以来約2週間ぶりの高水準となった。
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> エネルギー需要の減退懸念などを背景に大幅反落した。米国産標準油種WTIの中心
限月11月物の清算値(終値に相当)は前日比1.50ドル(3.73%)安の1バレル=3 8.72ド
ル。一時2.61ドル(6.49%)安まで売られた。12月物の清算値は1.46ドル安の39.01ド
ル。
    欧州では新型コロナ感染の第2波への警戒感が台頭している。スペイン政府は首都マドリードを含む人
口10万人以上の市を対象に今後数日中に新たに移動規制を行うと発表。モスクワでも雇用主に対して一部
従業員の在宅勤務を要請。規制再強化の動きで景気の先行きに不透明感が強まり、エネルギー需要減懸念が
再燃し、原油売りが先行した。
    ロイター調査によると、9月の石油輸出国機構(OPEC)の石油生産は日量平均2438万バレルと
、前月比16万バレル増加。OPEC主導の協調減産を免除されているリビアとイランの供給回復を受けて
、30年ぶりの低水準となった6月から大幅に回復。需給不均衡や価格低迷への不安が広がり、相場を下押
しした。ただ、売り一巡後は安値拾いの買いなどに下げ幅を一部縮小した。
        
    NYMEXエネルギー:
      ドル/円 NY終値         105.50/105.53                                                   
                    始値                105.59                                                   
                    高値                105.74                                                   
                    安値                105.45                                                   
  ユーロ/ドル NY終値         1.1747/1.1751                                                   
                    始値                1.1740                                                   
                    高値                1.1769                                                   
                    安値                1.1722 米東部時間                                                   
    30年債(指標銘柄)              17時05分       98*02.00      1.4552%             
                                  前営業日終値       98*04.50      1.4520%                       
     10年債(指標銘柄)              17時05分       99*15.50      0.6791%             
                                  前営業日終値       99*16.00      0.6770%                       
      5年債(指標銘柄)              17時05分       99*28.00      0.2752%            
                                  前営業日終値       99*28.75      0.2700%                       
      2年債(指標銘柄)              17時01分       99*31.75      0.1289%            
                                  前営業日終値      100*00.00      0.1250%  終値         前日比           %                       
        ダウ工業株30種              27816.90         +35.20        +0.13        
           前営業日終値              27781.70                                                   
          ナスダック総合              11326.51        +159.00        +1.42         
           前営業日終値              11167.51                                                   
      S&P総合500種               3380.80         +17.80        +0.53        
           前営業日終値               3363.00 COMEX金 12月限                1916.3          +20.8                            
            前営業日終値                1895.5                                                   
    COMEX銀 12月限                2425.4          +76.0                            
            前営業日終値               2349.4                                                    
    北海ブレント 12月限                 40.93         ‐1.37                              
            前営業日終値                 42.30                                                   
    米WTI先物 11月限                 38.72         ‐1.50                            
            前営業日終値                 40.22                                                   
          CRB商品指数              146.0574       ‐2.4492                        
            前営業日終値              148.5066                                                   
 
    
 ( 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up