for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(25日)10年債利回り一時1.6%、米株下落

[25日 ロイター] -

<為替> ドル指数が小幅高。一時7週間ぶり安値に沈んだものの、米指標10年債利回りが一時1.6%を上抜けたことに反応した。

終盤の取引で、ドル指数は0.13%高。一時0.26%下落し、1月8日以来の安値となる89.677を付ける場面もあった。

UBSの為替ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「債券利回り上昇は世界的な動き」とし、「パンデミック(世界的大流行)終息後の堅調な景気回復見通しを反映している」と指摘した。

米労働省が発表した20日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は73万件と、前週の84万1000件から減少し、予想の83万8000件も下回った

豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどの資源国通貨は自国債利回りの上昇に追随し、一時3年ぶり高値を付けたものの、いずれも下げに転じた。

豪ドル/米ドルは一時0.8007米ドルに上昇。その後は1%安の0.7882米ドル。NZドルも0.7463米ドルを付けた後、0.8%安で推移。カナダドルも一時、1米ドル=1.2468カナダドルまで上昇した。

ユーロ/ドルは一時、0.5%上昇し、3週間ぶり高値を更新。その後は上げ幅を縮小し、0.04%高の1.2175ドル近辺で推移した。

安全資産の円も弱含み、ドル/円は106.29円となった。

<債券> インフレ懸念が根強い中、10年債利回りが一時1.6%を超え、1年ぶりの高水準を付けた。1.48%程度とみられるS&P総合500種の配当利回りを上回った。

10年債利回りは11.9ベーシスポイント(bp)上昇し1.5078%。一時1.614%まで上げた。

この日行われた620億ドルの7年債入札は、応札倍率が過去最低の2.04倍にとどまるなど低調だった。

2年債と10年債の利回り格差は一時141bpと、2015年以降で最大。その後は134bp近辺で推移した。

S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズのハワード・シルバーブラット氏はリスクリワードに変化が見られると指摘。「米国債がより安全な投資と考えられる。配当を考慮しても全株式はリスクがある」と述べた。

アナリストは、住宅ローン担保証券(MBS)を保有する向きがポートフォリオのデュレーション変動を抑えるため米国債を売る、いわゆるコンベクシティー・ヘッジが見られると指摘した。

担保付き翌日物資金調達金利(SOFR)は0.02%。前日は0.01%と昨年5月以降で最低を記録した。

2年債利回りは3.9bp上昇し0.1661%。30年物の物価連動国債利回りは0.221%。一時0.307%と1年ぶりの高水準を付けた。10年物の物価連動国債利回りはマイナス0.630%で、通常国債との利回り差であるブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は2.141%。

<株式> 主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国債利回りの上昇を受けてテクノロジー関連株が圧迫され、ナスダック総合の下落率は過去4カ月で最大となった。

ダウ工業株30種とS&P総合500種は1月下旬以降で最大の下落率を記録した。

米10年債利回りは一時、1年ぶり高水準となる1.614%まで上昇。投資家の間で一部のグロース(成長)株のバリュエーションを巡る懸念が高まり、利食い売りが出た。

米国債利回りはS&P総合500種の配当利回りを上回り、株式市場の利回りでの優位性がなくなった。

チェース・インベストメント・カウンセルのピーター・タズ社長は「金利は重要だ。1.5%の利回りで、S&P500の配当利回りに匹敵する。10年債に資本リスクはなく、元本を取り戻すことが可能だ。急に株式との競争関係が生じた」と語った。

アップル、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト、アルファベット、フェイスブック、ネットフリックスは1.2─3.6%安と軒並み下落した。

一方、ゲーム販売のゲームストップは前日に続き急伸、数回にわたり売買が一時停止された。同社株は前日約100%上昇していた。この日も一時、約90%上げたが、終値は18.6%高だった。

S&Pの主要セクターでは2020年の市場の上昇を主導した情報技術や通信サービスが下落。情報技術株は3.5%安、通信サービス株は2.6%安。

S&Pグロース株指数の2月のパフォーマンスはほぼ横ばいで、バリュー株指数を大きくアンダーパフォームしている。バリュー株指数は新型コロナウイルス危機後の経済再開を巡る楽観的な見方から7%超上昇している。

チェースのタズ氏は「株式市場は今年に入り何度も最高値を更新してきた。歴史的に見ると割高だ。売りが出ることは分かっていた」と述べた。

今月初めに見られた米財政刺激策を巡る楽観ムードや新型コロナウイルスワクチンの接種加速を背景に、ダウは月間では昨年11月以来の大幅な上昇を記録する見通しだ。

ハーベスト・ボラティリティー・マネジメントのトレーディング・リサーチ部門責任者、マイク・ジグモント氏は「2月初めは刺激策のニュースが市場の原動力となっていた。だが、それが織り込まれた今では株式投資家が今後期待するようなことは何もなく、上昇余地は限られているという懸念がある」と話した。

電気自動車大手テスラは8.1%安。同社が従業員に対し、カリフォルニア州の組立工場の一部生産休止を伝えたとの報道が背景。

モデルナは2.5%高。新型コロナウイルスワクチンの今年の売上高が184億ドルになるとの見通しを示したことが好感された。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を6.71対1の比率で上回った。ナスダックでは7.36対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は158億4000万株。直近20営業日の平均は156億1000万株。

<金先物> 米長期金利の上昇や米経済指標の改善を受けて、3日続落した。中心限月4月物の清算値(終値に相当)は前日比22.50ドル(1.25%)安の1オンス=1775.40ドル。

長期金利の指標である10年物米国債利回りは一時1.6%台に上昇。長期金利が騰勢を維持しているため、金利を生まない資産である金の売りが促され、相場は一時1763.90ドルまで下落した。米長期金利の上昇に伴うドル高への警戒感も相場の重しとなったもよう。

この日朝方発表された米経済指標がおおむね市場予想を上回り、景気回復期待を後押しする内容だったことも、安全資産としての金の需要減退につながった。

<米原油先物> 米寒波による供給減少を手掛かりとした買いに支えられ、続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月4月物の清算値(終値に相当)は前日比0.31ドル(0.49%)高の1バレル=63.53ドルと、中心限月ベースで2019年5月1日(63.60ドル)以来約1年10カ月ぶりの高値となった。5月物は0.22ドル高の63.22ドルだった。

米エネルギー情報局(EIA)は24日、今月半ばに米南部テキサス州を襲った寒波により、先週の米産油量が1割程度減少したと報告。ただ、周辺の石油関連施設が徐々に操業を再開しつつあることや、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国で構成するOPECプラスが3月4日に開く会合で、現行の協調減産措置を4月から小幅に緩和するとの観測が相場の上値を抑え、朝方はいったん売りが先行した。

しかし、その後は根強い需給引き締まり観測を背景に買いが優勢となり、相場は反転。昼ごろに一時63.81ドルの高値を付けたが、午後に10年物米国債利回りが1.6%台に上昇すると、外国為替市場でドルを買い戻す動きが活発となった。これを受けて原油先物の割高感が強まり、急速にマイナス圏に押し下げられる場面もあり、終日荒い値動きが続いた。

ドル/円 NY終値 106.21/106.24

始値 106.13

高値 106.40

安値 106.02

ユーロ/ドル NY終値 1.2176/1.2179

始値 1.2229

高値 1.2242

安値 1.2161

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 90*28.00 2.2979%

前営業日終値 92*00.50 2.2420%

10年債(指標銘柄) 17時05分 96*08.50 1.5303%

前営業日終値 97*17.50 1.3890%

5年債(指標銘柄) 17時05分 98*14.00 0.8198%

前営業日終値 99*12.25 0.6260%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*28.63 0.1779%

前営業日終値 99*31.88 0.1270%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 31402.01 -559.85 -1.75

前営業日終値 31961.86

ナスダック総合 13119.43 -478.54 -3.52

前営業日終値 13597.97

S&P総合500種 3829.34 -96.09 -2.45

前営業日終値 3925.43

COMEX金 4月限 1775.4 ‐22.5

前営業日終値 1797.9

COMEX銀 3月限 2763.7 ‐22.2

前営業日終値 2785.9

北海ブレント 4月限 66.88 ‐0.16

前営業日終値 67.04

米WTI先物 4月限 63.53 +0.31

前営業日終値 63.22

CRB商品指数 194.5878 ‐0.5395

前営業日終値 195.1273

※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up