for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(11日)S&Pとダウが最高値更新、ドル1週間ぶり安値

    [11日 ロイター] - 
    
    <為替> ニューヨーク外為市場では、欧州中央銀行(ECB)の決定と米国債入札
を受け楽観的な見方が台頭したことで、リスク資産に対する需要が増大し、ドルが1週間
ぶりの安値を付けた。
    ECBはこの日の理事会で、正当化できない借り入れコストの上昇を防ぐために、1
兆8500億ユーロ規模のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)をこれまでより
寛大に利用していくと表明。「次の四半期にかけて、PEPPの下での買い入れを今年の
初めの数カ月と比べてかなり速いペースで実施すると理事会は予測している」とした。
    財務省が実施した240億ドルの30年債入札は、最高落札利回りは2.295%と
、入札前取引の水準よりも高くなったほか、応札倍率は2.28倍で平均を下回った。た
だ、利回りの安定化には十分な需要があった。
    ソシエテ・ジェネラルの外為戦略部門責任者、キット・ジュックス氏は「インフレ高
進懸念について、市場は過度に敏感になっていた」と指摘。TDセキュリティーズのシニ
ア外為ストラテジスト、マゼン・イッサ氏は「国債入札に関して今週は良いニュースが相
次いだほか、ECBは期待以上の決定を行った」とし、こうしたことが「リスク資産に対
する追い風となった」と述べた。
    主要6通貨に対するドル指数は0.41%低下の91.435。9日に92.
506と3カ月ぶり高水準を付けた後は低下が続いている。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 米金融・債券市場では利回りが上昇した。30年債入札がまちまちの内容
になったことで、国債への需要が引き続き不透明であることが示唆されたことなどを受け
た。
    米財務省が11日に実施した240億ドルの30年債入札は、需要を計る応札倍率が
2.28倍で、2月の2.18倍を上回った。ただ、上昇は規模が小さいことが理由との
見方もある。最高落札利回りは2.295%と、入札前取引の水準よりも約0.5%高く
なった。
    シーポート・グローバル・ホールディングスのマネジングディレクター、トム・ディ
ガロマ氏は、「素晴らしい入札ではないが、まあまあの出来だ」と指摘。「30年債は1
0時間足でかなり価格を下げたため、相当適切な水準となった」と述べた。
    米ベライゾンが実施した社債売却も米国債の売り要因になった。規模は明らかにされ
ていないが、募集額を上回ったという。
    米10年債利回りはこの日、一時1週間ぶり水準となる1.475%に低下。欧州中
央銀行(ECB)がユーロ圏の国債利回り上昇に歯止めをかけるため、パンデミック緊急
購入プログラム(PEPP)の買い入れをかなり速いペースで実施すると表明したことを
受け、欧州相場の動きに追随した。
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。S&P総合50
0種とダウ工業株30種は最高値を更新。インフレ懸念が緩和する中、新規
失業保険申請件数の減少や新型コロナウイルス追加経済対策法の成立を受け、景気回復へ
の期待が強まった。
    最近値下がりしていた大型ハイテク株のマイクロソフト、アップル
、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムが上昇を主導し、S&Pは2
月16日に付けたこれまでの最高値を上回った。
    ダウが最高値を更新するのは4営業日連続。ハイテク銘柄が多いナスダック総合<.IX
IC>は、2月12日に付けた最高値を今週初めに10%超下回り調整局面入りが確認され
たが、現在は5%弱下回る水準まで持ち直している。
    バイデン大統領は11日、1兆9000億ドル規模の新型コロナ追加経済対策法案に
署名し、同法は成立した。
    11日に発表された3月6日までの1週間の新規失業保険申請件数は71万2000
件と、前週の75万4000件から減少。市場予想は72万5000件で、予想以上に改
善した。
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米長期金利
が落ち着きを取り戻す中、ほぼ横ばいとなった。
    米長期金利は1.5%台で推移。ただ、米労働省が朝方発表した週間新規失業保険申
請件数が2週ぶりに改善し、市場予想を下回る水準となったため、一部で景気回復に伴う
インフレ高進で長期金利が再び上昇するとの警戒感が再燃。一時1716.80ドルまで
下落した。金塊はインフレヘッジ手段とされる半面、金利上昇局面では金利を生まない資
産として魅力の低下が意識されることもある。 
    ただ、売り一巡後は安値拾いや買い戻しが入り、小幅ながらプラス圏に浮上。外国為
替市場で、ドルが対ユーロで徐々に軟化し、ドル建てで取引される金に割安感が生じたこ
とも支援材料となった。 
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、対ユー
ロでのドル安や、米追加経済対策などによる景気回復期待を背景に買われ、続伸した。
    米長期金利の騰勢が落ち着き、外国為替市場では対ユーロでドルが下落。ドル建てで
取引される原油などの商品の割安感につながり、原油が買われた。また、バイデン大統領
は11日、新型コロナウイルス危機に対応する1兆9000億ドル規模の追加経済対策法
案に署名、法が成立した。米景気の回復を加速させるとの期待が強まり、原油が買われた
。
    労働省が発表した新規失業保険申請件数が前週から減少し、市場予想よりも良好な内
容となったことも、原油を支えた。米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した週間石
油在庫統計でガソリン在庫が大幅な取り崩しとなったことも支援材料になったとの見方が
あった。 
        
    NYMEXエネルギー:

 ドル/円 NY午後4時   108.44/108.45                                       
                  始値          108.46                                       
                  高値          108.71                                       
                  安値          108.37                                       
  ユーロ/ドル NY午   1.1987/1.1991                                       
                 後4時                                        
                  始値          1.1962                                       
                  高値          1.1989                                       
                  安値          1.1929 米東部時間                                       
  30年債(指標銘柄)        16時44分    90*30.50   2.2945%             
                          前営業日終値    92*01.00   2.2420%                 
  10年債(指標銘柄)        16時44分    96*07.50   1.5352%             
                          前営業日終値    96*12.00   1.5200%                 
    5年債(指標銘柄)        16時44分    98*19.50   0.7860%            
                          前営業日終値    98*18.50   0.7920%                 
    2年債(指標銘柄)        16時43分    99*30.88   0.1429%            
                          前営業日終値    99*30.00   0.1570%  終値      前日比        %                 
      ダウ工業株30種        32485.59     +188.57     +0.58        
         前営業日終値        32297.02                                       
        ナスダック総合        13398.67     +329.84     +2.52 
         前営業日終値        13068.83                                       
    S&P総合500種         3939.34      +40.53     +1.04        
         前営業日終値         3898.81 COMEX金 4月限          1722.6        +0.8                         
          前営業日終値          1721.8                                       
   COMEX銀 5月限          2619.3        +6.3                         
          前営業日終値         2613.0                                        
   北海ブレント 5月限           69.63       +1.73                           
          前営業日終値           67.90                                       
   米WTI先物 4月限           66.02       +1.58                         
          前営業日終値           64.44                                       
        CRB商品指数        194.5448     +2.7886                     
          前営業日終値        191.7562                                       
 
    
 ( 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up