for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(31日)S&Pとナスダック上昇、ドルは対円で1年ぶり高値

    [31日 ロイター] -    
    <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で1年ぶり高値を付けたほ
か、他の通貨でも数カ月ぶり水準に上昇した。財政刺激策や新型コロナウイルスワクチン
接種の進展により、米国が世界の景気回復をリードするとみられている。
    ドル/円は一時110.97円まで上昇し、終盤は110.70円。1─
3月はドルが7%上昇し、2016年12月以来の上昇率となった。
    一方、ドル指数は小幅安の93.188。1─3月は約3.5%上昇し、18
年6月以来の伸び率。
    企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)と
ムーディーズ・アナリティクスが31日に発表した3月の全米雇用報告は、民間部門雇用
者数が51万7000人増加し、前月の17万6000人から伸びが大幅に拡大した。
    ウエスタン・ユニオン・ビジネスソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー
・マニンボ氏は「ADPは非農業部門の雇用状況を見る有効な指標ではないが、労働市場
の改善は示している」と述べた。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 米金融・債券市場では国債利回りが上昇。バイデン米大統領が大型インフ
ラ投資計画を発表したことに反応した。
    バイデン大統領は、老朽化した道路や公共交通網の再整備や気候変動への対応を柱と
する約2兆ドルのインフラ投資計画第1弾を発表。4月に打ち出す予定の第2弾を合わせ
ると総額4兆ドルの投資計画となる可能性がある。
    四半期末特有のポジション調整によって、国債利回りは通常低下するものの、この日
の取引ではそうした動きは見られなかった。
    BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略主任イアン・リンジェン氏は「第1・四
半期の取引最終日、米株市場ではS&Pが最高値水準で推移し、10年債利回りはパンデ
ミック(世界的大流行)時の高水準である1.77%に迫っている」と指摘。「バイデン
大統領の掲げるインフラ投資計画が景気回復見通し押し上げに寄与するという明るい見方
が、リバランスやローテーションに絡む需要を相殺した」と述べた。
    指標10年債利回りは終盤の取引で1.7404%近辺で推移。
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 米国株式市場は、ハイテク株に買いが入りS&P総合500種とナ
スダック総合が上昇して終了した。景気回復への期待に支援され、四半期ベース
では主要3指数がそろって4四半期連続で上昇した。
    投資家はバイデン米大統領の大規模なインフラ支出計画の詳細に注目している。
    S&P500は一時、4000ポイントに迫り取引時間中の最高値を更新した。
    S&Pの主要セクターでは情報技術が上げを主導。一方、エネルギー<.SPN
Y>の下落率が最もきつかった。
    RDMフィナンシャル・グループのマイケル・シェルドン最高投資責任者(CIO)
は「きょうは、過去数週間にシクリカル(景気循環)株へのシフトを背景に売られてきた
グロース(成長)銘柄を買い戻す動きが見られた」と指摘。一部のシクリカル銘柄は最近
のドル高を受けて上昇が一服する可能性があるとの見方を示した。
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米長期金利
やドルの上昇一服を手掛かりに買い戻しが入り、反発した。
    月末、四半期末に絡む持ち高調整を目的とした取引などで、この日は米長期金利の上
昇が一服。外国為替市場でもドルが主要通貨に対して軟化し、割安感の生じた金塊に買い
戻しが入った。相場は午前の早い段階で1700ドルの節目を回復すると、午後にかけて
ジリ高で推移した。 
    朝方発表された3月の米経済指標はまずまず良好な内容。民間雇用サービス会社AD
Pがまとめた民間就業者数は市場予想には届かなかったものの、昨年9月以来の大幅な伸
び。また、シカゴ景況指数(PMI)も2年8カ月ぶりの高水準となったが、バイデン大
統領が行う成長戦略に関する演説に注目が集まり、市場の反応は乏しかった。
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、欧州な
どでの新型コロナウイルス感染再拡大でエネルギー需要の回復をめぐる懸念がくすぶる中
、続落した。
    ロイターの報道によると、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国
で構成する「OPECプラス」は、今年の原油需要見通しを下方修正。需要回復への警戒
感が強まった。月末で持ち高調整目的の売りも出やすかった。市場はOPECプラスが4
月1日に開く会合の行方に注目。5月も現行の生産水準がおおむね維持されるとの見方が
増えている。
    米エネルギー情報局(EIA)が発表した原油在庫は、前週比90万バレル減と、市
場予想(ロイター調べ)の10万バレル増に反して取り崩しとなった。ガソリン在庫も1
70万バレル減(同予想70万バレル増)。これを受けて、需給の引き締まり観測が強ま
り、プラス圏に浮上する場面もあった。 
        
    NYMEXエネルギー:

   ドル/円 NY終値  110.70/110.73                                        
                 始値         110.65                                        
                 高値         110.83                                        
                 安値         110.43                                        
 ユーロ/ドル NY終  1.1728/1.1732                                        
                   値                                       
                 始値         1.1732                                        
                 高値         1.1759                                        
                 安値         1.1720 米東部時間                                        
 30年債(指標銘柄)       17時05分    88*17.50   2.4153%             
                        前営業日終値    88*29.50   2.3960%                  
 10年債(指標銘柄)       17時05分    94*13.00   1.7440%             
                        前営業日終値    94*18.00   1.7260%                  
   5年債(指標銘柄)       17時04分    99*02.75   0.9377%            
                        前営業日終値    99*07.00   0.9100%                  
   2年債(指標銘柄)       17時05分    99*29.63   0.1622%            
                        前営業日終値    99*30.50   0.1480%  終値      前日比        %                  
     ダウ工業株30種       32981.55      -85.41     -0.26        
        前営業日終値       33066.96                                        
       ナスダック総合       13246.87     +201.48     +1.54         
        前営業日終値       13045.39                                        
   S&P総合500種        3972.89      +14.34     +0.36        
        前営業日終値        3958.55 COMEX金 6月限         1715.6       +29.6                         
         前営業日終値         1686.0                                        
  COMEX銀 5月限         2453.2       +39.5                         
         前営業日終値        2413.7                                         
  北海ブレント 5月限          63.54      ‐0.60                           
         前営業日終値          64.14                                        
  米WTI先物 5月限          59.16      ‐1.39                         
         前営業日終値          60.55                                        
       CRB商品指数       184.9619     +0.0878                     
         前営業日終値       184.8741                                        
 
    
 ( 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up