for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(15日)米株続伸、ドル小幅安

[15日 ロイター] -

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅安。世界的にリスク選好の動きが優勢となる中、ドルへの投資妙味が薄まった。週間でも6週間ぶりの下げとなる見通し。

朝方発表された9月の米小売売上高は前月比0.7%増と、市場予想の0.2%減に反し増加した。価格上昇を背景とした自動車販売店の売上高拡大が寄与した。

BKアセット・マネジメントのFX戦略マネジングディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏は、リスク選好が強まり、「ポンドやユーロ、豪ドルなどの上昇に寄与している」と指摘した。

主要通貨に対するドル指数は、米小売統計発表後は強含んだものの、下げに転じ、終盤の取引では0.106%安の93.941。先週までは5週連続で上昇していたものの、今週は週足で0.19%下落した。

バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は、予想よりも早期の利上げ開始観測を背景としたドル高は行き過ぎで、値固めの動きが出ている可能性があると指摘。「値固めの動きが単なる一服商状なのか、調整の前兆なのか、来週に明らかになるだろう」と述べた。

短期金先物市場では、ほぼ五分五分の確率で、米連邦準備理事会(FRB)が来年7月までに25ベーシスポイント(bp)の利上げに動くと予想されている。

ポンド/ドルは0.57%高の1.3765ドルと、9月17日以来の高値を付けた。

ユーロ/ドルは0.03%安の1.1595ドル。

リスク選好度の上昇を反映し、豪ドルは0.02%高の0.7417米ドル。一時0.7439米ドルまで上昇した。ニュージーランドドルも0.54%高の0.7068米ドル。

円の下げが目立ち、対ドルで一時2018年10月以来の安値となる114.46円を付けた。終盤の取引で、ドル/円は0.53%高の114.28円。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは上昇し、半年ぶりに6万ドルを上抜けた。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 国債利回りが上昇した。9月の米小売売上高が予想外に増加したことを受け、インフレ期待は2005年以来の高水準に達した。

終盤の取引で10年債利回りは5.5ベーシスポイント(bp)上昇の1.574%。

商務省が発表した9月の小売売上高(季節調整済み)は前月比0.7%増と、市場予想の0.2%減に反し増加した。8月の小売売上高は0.7%増から0.9%増に上方改定された。

シーポート・グローバル・ホールティングスのマネジング・ディレクター、トム・ディ・ガロマ氏は「市場は圧倒的に弱気になっている」と指摘。ただ、連邦準備理事会(FRB)は12月にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手する公算が大きいが、当面は利上げには動かないとの見方を示した。

インスペレXのシニアトレーダー、デービッド・ペトロシネリ氏はFRBはインフレは一過性のものだと主張しているが、現在は完全に否定されていると指摘。インフレをゴリラになぞらえ「ゴリラは長らく部屋の中にいたが、おとなしくしていた。ところが、ここ来て人々は部屋の中にゴリラがいたことに気が付き始めた」とし、「インフレが進行していると人々が考えれば、インフレは自己実現化する」と述べた。 物価連動国債(TIPS)と通常の国債の利回り差で、期待インフレを示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、5年物は一時2.753%と、05年4月以来の高水準を付けた。その後は2.735%。

10年物は2.562%。インフレ率が向こう10年間は平均2.6%近辺で推移するとの予想が市場で出ていることが示された。

2年債利回りは0.403%と、20年3月以来の高水準。FRBはこれまでの予想よりも積極的な利上げを行うとの見方が市場で出ている可能性がある。

30年債利回りは2.1bp上昇の2.046%。2年債と10年債の利回り格差は117.7bp。

来週は財務省が20年債(240億ドル)と5年物TIPS(190億ドル)の入札を行う。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 続伸。金融大手ゴールドマン・サックスの好決算が株価押し上げに寄与した。ダウ工業株30種の週間上昇率は1.6%と、6月25日終了週以来の高さとなった。

S&P総合500種も週間で7月23日終了週以来の好成績となった。

ゴールドマンは3.8%高。第3・四半期決算は利益が66%増加し、市場予想を大幅に上回った。活況なM&A(企業の合併・買収)が寄与した。

これによって、米大手銀行の四半期決算が出そろい、いずれも堅調な内容となったことで、S&P銀行株は2.1%上昇した。

チェース・インベストメント・カウンセルのピーター・タズ社長は「企業決算主導の上昇となっており、継続することを望む」と述べた。

リフィニティブIBESのデータによると、S&P総合500種指数採用企業の第3・四半期利益は前年同期比32%増加すると見込まれている。

アルミ大手アルコアは15.2%急伸。四半期決算が予想を上回ったほか、5億ドル相当の自社株買い計画と四半期現金配当の開始を発表した。

朝方発表された9月の米小売売上高は前月比0.7%増と、市場予想の0.2%減に反し増加した。価格上昇を背景とした自動車販売店の売上高拡大が寄与した。しかし、商品の在庫薄が続く中、供給の制約が年末商戦の小売売上高に影響する懸念は拭えない。

医薬品モデルナは2.3%安。米国食品医薬品局(FDA)がモデルナ製の新型コロナワクチンについて、若年層への接種の正式承認を巡る決定を延期するとという米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道が嫌気された。

暗号資産(仮想通貨)ビットコインが半年ぶりに6万ドル台に乗せたことを追い風に、ライオット・ブロックチェーンは6.6%上昇した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.12対1の比率で上回った。ナスダックでは1.24対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は98億3000万株。直近20営業日の平均は105億株。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> 米株価や長期金利の上昇が重しとなり、4日ぶりに反落した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比29.60ドル(1.65%)安の1オンス=1768.30ドル。

米商務省が発表した9月の小売売上高は、前月比0.7%増加と堅調な結果だった。さらに、金融大手ゴールドマン・サックスが発表した7〜9月期決算は市場予想を上回る好決算となった。これを受けて株価が上昇し、安全資産とされる金の売りが活発化。長期金利が上昇したことも、金利を生まない金塊の圧迫要因となった。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> エネルギー供給逼迫(ひっぱく)観測が強まる中、続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月11月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.97ドル(1.19%)高の1バレル=82.28ドルと、引き続き中心限月ベースで約7年ぶりの高値水準。週間では2.93ドル(3.69%)上昇。12月物は0.96ドル高の81.73ドル。

新型コロナウイルス禍からの経済活動正常化の進展に伴い、足元でエネルギー需要の回復が加速している。国際エネルギー機構(IEA)は前日公表した月報で2021年と22年の世界の石油需要見通しを引き上げた。石炭や天然ガスの価格高騰を受け原油に切り替える動きが活発化。経済協力開発機構(OECD)加盟国の在庫水準は15年以来の低水準となっているという。一方で、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」は大幅な増産に慎重な姿勢を崩しておらず、需給引き締まり観測が強まっている。

米政府は15日、入国外国人に対し新型コロナワクチン接種完了の義務化を空路・陸路ともに11月8日から実施すると発表。入国禁止対象となっていた国々には制限緩和となり、旅客機向けジェット燃料の需要が回復するとの思惑が原油買いに拍車を掛けた。

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが15日公表した同日までの1週間の国内石油 掘削リグ稼働数は前週比12基増の445基となった。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY終値 114.20/114.23

始値 114.33

高値 114.46

安値 114

ユーロ/ドル NY終値 1.1600/1.1604

始値 1.161

高値 1.161

安値 1.159

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 98*31.50 2.0456%

前営業日終値 99*14.00 2.0250%

10年債(指標銘柄) 17時00分 97*02.00 1.5738%

前営業日終値 97*17.50 1.5190%

5年債(指標銘柄) 17時05分 98*25.75 1.1239%

前営業日終値 99*05.00 1.0500%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*23.00 0.3949%

前営業日終値 99*25.50 0.3540%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 35294.76 +382.20 +1.09

前営業日終値 34912.56

ナスダック総合 14897.34 +73.91 +0.50

前営業日終値 14823.43

S&P総合500種 4471.37 +33.11 +0.75

前営業日終値 4438.26

COMEX金 12月限 1768.3 ‐29.6

前営業日終値 1797.9

COMEX銀 12月限 2334.9 ‐12.8

前営業日終値 2347.7

北海ブレント 12月限 84.86 +0.86

前営業日終値 84.00

米WTI先物 11月限 82.28 +0.97

前営業日終値 81.31

CRB商品指数 239.2700 +1.1390

前営業日終値 238.1310

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up