for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(28日)株は年初来の大幅高、ドルは週間で7カ月ぶり上昇幅

    [28日 ロイター] - 
    <為替> 週末を控えドルに若干のポジション調整が入ったものの、米連邦準備理事
会(FRB)が今年は積極的な利上げに動くとの観測から、ドル指数は週間ベースで7カ
月ぶりの大幅な上昇となった。
    この日は春節(旧正月)を来週に控え、アジア取引時間中は主要通貨はほぼ横ばいで
推移していた。
    主要6通貨に対するドル指数は0.04%高。週初からは約1.7%上昇。週
間ベースでは昨年6月以来の大きな上昇となった。
    この日発表の米経済指標では、労働省の発表した2021年第4・四半期の雇用コス
ト指数(ECI)が前期比1.0%上昇。市場予想は1.2%上昇だった。
 
    バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・
チャンドラー氏は「パウエルFRB議長は特に雇用コスト指数に言及したが、伸びは予想
をやや下回った。これを受け、週末を控え若干のポジション調整が入った」と指摘。ただ
「ドルの上昇は終わっていない」との見方を示した。
    こうした中、米10年債利回りは1.77%近辺に低下。24日には約
1.9%と、2年ぶり高水準を付けていた。
    ユーロは1.1143ドルと、ほぼ横ばい。前日は1.1131ドルと、
1年8カ月ぶり安値を付けていた。
    円は対ドルで0.14%高の115.21円。
    豪ドルとニュージーランドドルは対米ドルで下落。ニュージーラン
ドドルは1年3カ月ぶり安値を付けた。
    英ポンドは前日に1.3360ドルと、1カ月ぶり安値を更新したが、来週
のイングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会に注目が集まる中、この日はやや持ち
直した。市場では英中銀が90%の確率で追加利上げを決定するとの見通しが織り込まれ
ている。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> 米債利回りがイールドカーブ(利回り曲線)全体で低下した。月末のポー
トフォリオ調整に伴う買いが入った。3月利上げを示唆した米連邦公開市場委員会(FO
MC)後の金利上昇が一服した可能性がある。
    シーポート・グローバル・ホールディングスのマネジング・ディレクター、トム・デ
ィガロマ氏は「月末のポートフォリオ調整に伴い国債価格の押し目を狙う実需買いがあっ
た」と述べた。
    個人消費が減少し、雇用コストが市場予想を下回ったことを受け、FRBが3月に5
0ベーシスポイント(bp)の利上げを決定するとの見方が後退。過去3営業日でフラッ
ト化していたイールドカーブが28日はスティープ化した。
    5・30年債の利回り差は一時53.70bpに拡大。終盤は46.
20bpだった。
    2・10年債の利回り差は一時65.10bpに拡大。終盤は61.
10bpだった。前日には2020年11月以来の水準に縮小していた。
    米経済指標を受け、フェデラル・ファンド(FF)金利先物市場では年内に
約120bpの利上げが実施されるとの見方が織り込まれている。3月に50bpの利上
げが決定される確率は指標発表前の約32%から18%に低下した。
    この日発表された経済指標はまちまちだったが、全体的には短期的なインフレ高進が
示唆され、FRBの利上げ路線を裏付けるものとなった。
    2年債利回りは序盤に1.228%と2020年2月以来の高水準を付け
た。ただ、終盤は3bp低下の1.1603%。
    5年債利回りは5bp低下の1.6127%。
    指標10年債利回りは3.5bp低下の1.7730%。30年債利回
りは約2bp低下し2.0754%だった。  
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 不安定な値動きとなる中、主要株価3指数は反発。朝方は低調に推移して
いたものの、ハイテク株が上昇を主導し、年初来の大幅高となった。米株式相場は今週、
強弱入り交じる企業決算や地政学的リスクの高まり、FRBのタカ派姿勢の強まりを背景
に振れる展開となった。
    週足ではS&P総合500種とダウ工業株30種は上昇、ナスダック総合は横ばいと
なった。ただ、年初以降ではS&Pは7%、ナスダックは12%、ダウは4.4%それぞ
れ値下がりしている。
    チェリー・レイン・インベストメンツのパートナー、リック・メックラー氏は「投資
家は金利上昇局面の影響に適応しようとしている」と指摘。「一部投資家にとってはなお
債券より株式の方が魅力的で、底値を探る展開となっている」とし、「とりわけナスダッ
クで安値で買うバーゲンハンティングの動きが見られる」と述べた。
    S&P主要11セクターでは、エネルギー以外全てがプラス圏で引けた。 情
報技術の上昇が目立ち、4.3%高と、1日としては20年4月6日以来の大
幅な伸びを記録した。
    米企業の第4・四半期決算発表が本格化する中、S&P総合500種採用企業のうち
168社がこれまでに業績を発表。リフィニティブのデータによると、このうち77%が
市場予想を上回った。
    アップルは7%高。前日引け後に発表した21年10─12月期決算は、売
上高が前年同期比11%増の1239億ドルと過去最高となった。半導体不足に直面しな
がらも、堅調なiPhone販売とサービス事業の契約者増に支えられ、市場予想の11
87億ドルを上回った。
    クレジットカード大手ビザも10.6%高。第1・四半期(21年12月31
日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。旅行やオンライン関連支出が増え、決済額
が増加した。
    一方、重機メーカーのキャタピラーは5.2%安。第4・四半期決算は売上
高が20%超増加し、市場予想を上回った。ただ、生産コストと人件費の増加により今四
半期の営業利益率が打撃を受ける可能性があると警告した。
    石油大手シェブロンも3.5%安。第4・四半期決算は利益が予想を下回っ
たほか、今年の低調な石油・ガス生産見通しも発表した。    
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> ドル高に伴う割高感が重しとなり、下落した。4月物の清算値(終値に
相当)は 前日比8.40ドル(0.47%)安の1オンス=1786.60ドル。
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> ウクライナ情勢の緊迫化などを背景に買いを集め、小反発した。米
国産標準油種 WTIの中心限月3月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.21ドル
(0.24%) 高の1バレル=86.82ドル。週間では1.97%上昇し、これで6
週連続のプラスと なった。4月物の清算値は0.14ドル高の85.43ドル。
    ロシア軍によるウクライナ侵攻への懸念が深まる中、原油価格のリスクプレミアムが
上 昇。天然ガス輸入の約4割をロシアに依存する欧州連合(EU)はこの日、供給制限
に備 えて米国などとの連携を確認した。英国産北海ブレント原油の先物市場では、期近
物の価 格が期先物を上回るバックワーデーション(逆ザヤ)が急速に拡大し、WTIに
も買いが 波及。3月物は午前に88.84ドルと、前日に続いて約7年4カ月ぶりの高
値を更新し た。
    しかし、外国為替市場で対ユーロでのドル買いが再燃すると、ドル建てで取引される
エ ネルギー商品の割高感を嫌気した売りが出て、その後は大きく値を削る展開。マイナ
ス圏 に沈む場面もあり、方向感に欠ける商いだった。
        
    NYMEXエネルギー:
         ドル/円 NY終値      115.24/115.27                                               
                       始値             115.63                                               
                       高値             115.66                                               
                       安値             115.13                                               
     ユーロ/ドル NY終値      1.1143/1.1147                                               
                       始値             1.1131                                               
                       高値             1.1173                                               
                       安値             1.1126 米東部時間                                               
       30年債(指標銘柄)           17時05分      95*14.50     2.0805%             
                                  前営業日終値      95*07.00     2.0910%                     
        10年債(指標銘柄)           17時05分      96*12.50     1.7784%             
                                  前営業日終値      96*04.00     1.8080%                     
         5年債(指標銘柄)           17時05分      99*13.50     1.6208%            
                                  前営業日終値      99*07.00     1.6630%                     
         2年債(指標銘柄)           17時05分      99*13.25     1.1723%            
                                  前営業日終値      99*12.00     1.1920%  終値        前日比          %                     
           ダウ工業株30種           34725.47       +564.69       +1.65        
              前営業日終値           34160.78                                               
             ナスダック総合           13770.57       +417.79       +3.13         
              前営業日終値           13352.78                                               
         S&P総合500種            4431.85       +105.34       +2.43        
              前営業日終値            4326.51 #VALUE!             1786.6         ‐8.4                           
               前営業日終値             1795.0                                               
                    #VALUE!             2230.1        ‐37.5                           
               前営業日終値            2267.6                                                
                    #VALUE!              90.03         +0.69                             
               前営業日終値              89.34                                               
                    #VALUE!              86.82         +0.21                           
               前営業日終値              86.61                                               
             CRB商品指数           252.8466       +1.9397                       
               前営業日終値           250.9069                                               
 

    
 ( 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up