for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-NY市場サマリー(15日)75bp利上げ受けドル下落・利回り低下、株反発

 (株のリポートを追加しました)
    [15日 ロイター] -    
    <為替> ドル指数が下落した。米連邦準備理事会(FRB)は14─15日
に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標
を75ベーシスポイント(bp)引き上げるとともに、今後の景気減速と失業率上昇を予
想した。
    FRBが一度に75bpの大幅利上げを決定するのは1994年以来。
    ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニアマーケットアナリスト
、ジョー・マニンボ氏は「FRBの決定を受け、ドルはうわさで買って事実で売るという
動きに屈した」と指摘した。   
    ドル指数はFRBの発表直後に2002年12月以来の高値となる105.79まで
上昇したが、終盤は0.50%安の104.76で推移している。
    決済会社コーペイのチーフマーケットストラテジスト、カール・シャモッタ氏は、F
OMC後の記者会見でパウエルFRB議長が「75bpの引き上げが一般的とは思わない
」と発言したことがドル売りの一因と指摘。「結局、パウエル議長は市場の期待を上回る
強気の姿勢を見せることができなかった」と述べた。
    シャモッタ氏によると、トレーダーらは、FRBに続いて積極的な動きを見せそうな
中央銀行が発行する通貨に資金を注ぎ込んでいる。
    この日は欧州中央銀行(ECB)が臨時会合を開催したことを受け、序盤の市場では
ドルがユーロに対し下げていた。
    その後もドルへの売り圧力が再び強まり、ユーロは0.36%高の1.0452ドル
となった。
    ドル/円は序盤に一時1ドル=135.60円と24年ぶりの安値を付け
た。終盤には下げを取り返し、約1.3%上昇した。
    暗号資産(仮想通貨)のビットコインはほぼ横ばいの2万2149.15ドル
。一時2万0076.05ドルまで下げ、1年半ぶり安値を更新していた。
    
    NY外為市場:
    
    <債券> FRBが市場予想通りに75bpの利上げを決定したことを受け、国債利
回りが低下した。   
    FRBは14─15日に開いたFOMCで、FF金利の誘導目標を75bp引き上げ
、1.50─1.75%とすると決定。パウエル議長は記者会見で、次回7月のFOMC
でも75bpの利上げ、もしくは50bpでの利上げが決定される公算が大きいとの見方
を示しがらも、75bpが「一般的な」利上げ幅になるとは予想していないと述べた。[n
L4N2Y23BW]    
     先週10日発表の5月の米消費者物価指数(CPI)が予想以上に上昇したことを
受け、市場では積極的な利上げ観測が高まっており、今回のFOMCでは、一部で100
bp、もしくはこれ以上の幅での利上げが決定されるとの見方も出ていた。
 
    金利動向を敏感に反映しやすい2年債利回りは3.237%に低下。前日
は3.456%と、2007年11月以来の高水準を付けていた。    
    10年債利回りは3.347%に低下。前日は3.498%と、11年
4月以来の高水準を付けていた。    
    2年債と10年債の利回り格差は9bpにスティープ化。前日は一時
マイナス5bpと、逆転していた。    
    ただ、FRBがインフレ抑制に積極的に対応する中、利上げで経済成長が鈍化すると
の懸念も台頭。バークレイズのアナリストは、消費と住宅市場が減速する兆候が出ている
ことを踏まえると、7月の利上げ幅は50bpになるとの見方を示している。    
        
    米金融・債券市場:
    
    <株式> 反発して終了した。FRBがリセッション(景気後退)を引き起こさずに
インフレに対応しようとする中、市場予想通りの利上げを決定したことが背景。[nL4N2Y2
3BW]    
    利上げ発表直後、株価は不安定な動きを示したが、パウエルFRB議長がFOMC後
の記者会見で、次回7月のFOMCでも75bpの利上げ、もしくは50bpでの利上げ
が決定される公算が大きいとの見方を示しながらも、75bpが「一般的な」利上げ幅に
なるとは予想していないと述べたことを受け、株価は決定的に上向いた。    
    CFRAリサーチのチーフ投資ストラテジスト、サム・ストバル氏は「FRBがよう
やくインフレ問題に目覚め、より積極的なスタンスを取る構えであるということへの一種
の信任投票だ」と話した。
    S&P総合500種は1月初め以来最長の下げとなっていた5営業日続落に終
止符を打った。
    株式市場は今年に入り、インフレ高進や借り入れコスト上昇、景気減速、企業業績を
巡る懸念の高まりにおおむね圧迫されている。
    この日発表された5月の小売売上高は前月比0.3%減少。商品不足で自動車購入が
減少し、記録的なガソリン価格高騰のあおりで他の商品の支出も減ったため、市場予想の
0.2%増に反してマイナスとなった。  
    個別銘柄ではシティグループが3.52%上昇し、S&P銀行指数の
上げを主導した。同指数は1.60%高。
    ニューコアは2.41%上昇。旺盛な鉄鋼需要を背景に今四半期の利益につ
いて強気な見通しを示したことが好感された。
    航空機大手ボーイングは9.46%急伸。中国南方航空が3カ月
ぶりに「737MAX」の試験飛行を行ったことを受け、需要回復に伴い中国で運航が近
く再開される可能性が示唆された。  
    
    米国株式市場:
    
    <金先物> FOMCの声明発表を控えて様子見ムードが広がる中、3日ぶりに反発
した。中心限月8月物の清算値(終値に相当)は前日比6.10ドル(0.34%)高の
1オンス=1819.60ドルだった。
        
    NY貴金属:
    
    <米原油先物> 積極的な米利上げに伴う景気減速に警戒感が広がる中で売られ、大
幅続落した。米国産標準油種WTIの中心限月7月物の清算値(終値に相当)は前日比3
.62ドル(3.04%)安の1バレル=115.31ドルだった。8月物は3.17ド
ル安の113.09ドルとなった。
    急速な金融引き締めに伴う景気減速が懸念され、原油は声明発表後に一段安となった
。また、中国の一部地域で新型コロナウイルスの感染者数が拡大していることも原油の売
り材料となった。
    米エネルギー情報局(EIA)が朝方発表した週間在庫統計では、原油在庫が前週比
200万バレル増と、市場予想(ロイター調査)の130万バレル減に反して増加したこ
とも相場の下押し要因。ガソリン在庫は70万バレル減(同予想110万バレル増)、デ
ィスティレート(留出油)は70万バレル増(同30万バレル増)だった。
        
    NYMEXエネルギー:
  ドル/円 NY終値          133.83/133.85                                                       
                始値                 134.40                                                       
                高値                 134.95                                                       
                安値                 133.51                                                       
  ユーロ/ドル NY          1.0443/1.0446                                                       
                終値                                                       
                始値                 1.0480                                                       
                高値                 1.0489                                                       
                安値                 1.0360 米東部時間                                                       
  30年債(指標銘柄               17時05分        91*12.00       3.3327%             
                  )                                                       
                               前営業日終値        89*20.00       3.4320%                         
 10年債(指標銘柄)               17時05分        96*16.00       3.2915%             
                               前営業日終値        94*30.00       3.4830%                         
  5年債(指標銘柄)               17時05分        96*19.50       3.3734%            
                               前営業日終値        95*19.75       3.5980%                         
  2年債(指標銘柄)               17時05分        98*21.25       3.2096%            
                               前営業日終値        98*07.75       3.4350%  終値          前日比            %                         
    ダウ工業株30種               30668.53         +303.70         +1.00        
       前営業日終値               30364.83                                                       
      ナスダック総合               11099.16         +270.81         +2.50         
       前営業日終値               10828.35                                                       
  S&P総合500種                3789.99          +54.51         +1.46        
       前営業日終値                3735.48 COMEX金 8月限                 1819.6            +6.1                             
        前営業日終値                 1813.5                                                       
 COMEX銀 7月限                 2142.0           +46.6                             
        前営業日終値                2095.4                                                        
 北海ブレント 8月限                 118.51          ‐2.66                               
        前営業日終値                 121.17                                                       
 米WTI先物 7月限                 115.31          ‐3.62                             
        前営業日終値                 118.93                                                       
      CRB商品指数               314.7919        ‐0.8797                         
        前営業日終値               315.6716                                                       
 
    
 ( 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up