for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(28日)株下落、ドル/円1週間ぶり高値、利回り上昇

[28日 ロイター] -

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが対円で1週間ぶり高値を付けた。米国債利回りの急上昇のほか、中国の新型コロナウイルス抑制策緩和で経済成長が回復するとの期待がドルの押し上げ要因になった。

ドルはアジア取引時間帯に134.40円と、0.67%上昇。米取引時間終盤では0.55%高の134.240円。

日銀は今月19―20日に開いた金融政策決定会合で、イールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)の下での10年物国債金利の許容変動幅を従来のプラスマイナス0.25%からプラスマイナス0.5%に拡大すると決定。これを受け、円は対ドルで大きく上昇した。

ただ、日銀が28日に公表した同決定会合の議事要旨で、長期金利の変動幅拡大について、債券市場の機能度改善を通じて2%物価目標の実現に向けた現行の金融緩和をより持続可能にするための対応であり「金融緩和の方向性を変更するものではない」といった意見が委員から出ていたことが分かった。

BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の外為戦略グローバルヘッド、グレッグ・アンダーソン氏は、日本の国債利回りが安定した状態が続けば、日銀に一段の措置を実施する圧力はかからないとし、「日銀は、単なる技術的な微調整だと言い続けることができる」と述べた。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 米金融・債券市場では、指標10年債利回りが序盤の低下から切り返し3日連続で上昇した。投資家は中国の経済再開が米連邦準備理事会(FRB)の利上げ路線に与える影響を見極めようとしている。

中国では今月、「ゼロコロナ」政策が緩和され、世界経済に恩恵をもたらすことが見込まれる一方、緩和に伴い感染者が急増しており、短期的には経済の足かせになる可能性がある。

米10年債利回りは2.5ベーシスポイント(bp)上昇の3.883%。一時3.89%と6週間ぶりの高水準を付けた。前日には11.1bp上昇と10月19日以来の大幅な上昇を記録していた。

CFRAリサーチのチーフ投資ストラテジスト、サム・ストボール氏は「経済再開はインフレにつながらないにしてもインフレ鈍化を食い止めるだろう」と指摘。「材料などに対する需要が高まれば、物価を下支えし、インフレがより強固になる新たな要因になる」と述べた。

30年債利回りは3.3bp上昇し3.976%。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 米国株式市場は下落して取引を終えた。投資家は2023年に向け、中国の新型コロナウイルス感染拡大や地政学的緊張、まちまちの経済指標などを見極めようとしている。

12月は例年、株式市場にとって好調な月で、クリスマスから新年までの週に株価が上昇する。トゥルーイスト・アドバイザリー・サービシズのデータによると、1950年以降で12月にS&P総合500種が下落したのは18回にとどまっている。

AXSインベストメンツのグレッグ・バスク最高経営責任者(CEO)は「今年はサンタクロースラリーはなかった」と指摘。「サンタラリーは通常、経済や市場の成長をけん引する要因への期待から起きるが、今年の年末はネガティブもしくはまちまちな経済指標、コロナ再拡大を巡る懸念拡大や現在の地政学的緊張、こうした状況による米連邦準備理事会(FRB)の政策への影響などが全て、サンタの到来を阻んでいる」と語った。

この日はS&P500の主要11セクターが軒並み下落。中でもエネルギーの下落率が最大となった。

投資家は中国がコロナ感染者急増の中で進める経済再開の動きを見極めようとしている。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、利益確定の売りなどに押され、3営業日ぶりに反落した。

前日まで続伸した反動から利益確定の売りが先行した。米長期金利の上昇を背景に金利を生まない資産である金に売り圧力がかかった面もあった。ただ、年末年始に伴い連休を取る市場参加者が散見され、相場は薄商い。全体的に狭いレンジでの商いにとどまった。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、中国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、エネルギー需要減退に対する懸念が強まり、続落した。

中国当局は26日、新型コロナ対策として行っている入国時の隔離措置を来年1月8日に撤廃すると発表した。新型コロナ規制のさらなる緩和が進む中、中国国内では感染拡大が続いており、医療体制は逼迫(ひっぱく)しつつある。これを受け、世界最大の石油輸入国である同国のエネルギー需要が落ち込むとの警戒感が高まり、原油は売りが先行した。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY終値 134.47/134.48

始値 133.82

高値 134.49

安値 133.41

ユーロ/ドル NY終値 1.0608/1.0612

始値 1.0645

高値 1.0674

安値 1.0608

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 100*14.00 3.9746%

前営業日終値 101*00.00 3.9430%

17時05分 101*30.00 3.8865%

10年債(指標銘柄)

前営業日終値 102*05.50 3.8580%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*18.00 3.9732%

前営業日終値 99*19.75 3.9610%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*25.50 4.3574%

前営業日終値 99*24.88 4.3680%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 32875.71 -365.85 -1.10

前営業日終値 33241.56

ナスダック総合 10213.29 -139.94 -1.35

前営業日終値 10353.23

S&P総合500種 3783.22 -46.03 -1.20

前営業日終値 3829.25

COMEX金 2月限 1815.8 ‐7.3

前営業日終値 1823.1

COMEX銀 3月限 2384.0 ‐37.7

前営業日終値 2421.7

北海ブレント 2月限 83.26 ‐1.07

前営業日終値 84.33

米WTI先物 2月限 78.96 ‐0.57

前営業日終値 79.53

CRB商品指数 277.3546 ‐1.1134

前営業日終値 278.4680

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up