Reuters logo
米国株式市場は小幅続伸、堅調な小売売上高統計受け
June 11, 2015 / 9:45 PM / 3 years ago

米国株式市場は小幅続伸、堅調な小売売上高統計受け

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 11日の米国株式市場は小幅続伸。ヘルスケア関連株を含むディフェンシブ銘柄が上昇を主導。朝方発表された5月の米小売売上高統計は堅調な内容となり、消費支出に弾みがついているとの見方が高まった。

 6月11日、米国株式市場は小幅続伸。ヘルスケア関連株を含むディフェンシブ銘柄が上昇を主導した。ニューヨーク証券取引所で1日撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

ダウ工業株30種.DJIは38.97ドル(0.22%)高の1万8039.37ドル。

ナスダック総合指数.IXICは5.82ポイント(0.11%)高の5082.51。

S&P総合500種.SPXは3.66ポイント(0.17%)高の2108.86。

S&Pヘルスケア株指数.SPXHCは0.5%上昇。製薬のイーライ・リリー(LLY.N)が4.1%高とセクター全体をけん引した。同社のアルツハイマー型認知症の治験薬に関する延長試験のデータが数週間中に医師が入手できるようになるとの期待が広がった。

S&P公益株指数.SPLRCUは0.7%上昇で、この日最も堅調なセクターになった。

クラウドコンピューティングのシトリックス・システムズ(CTXS.O)は6.7%上昇。株主でヘッジファンドのエリオット・マネジメントから事業部門売却や経費削減、自社株買いを要求された。

ドーナツチェーンのクリスピー・クリーム・ドーナツKKD.Nは、2016年の利益見通しの下限引き上げを受け、13.9%上がった。

石油・天然ガスのヘス(HES.N)は4.9%高。米主要シェール産地のバッケン鉱区のミッドストリーム資産をプライベート・エクイティに売却すると発表した。

5月小売売上高は前月比1.2%増と市場予想を上回る伸びで先週の力強い雇用統計などに続き、当初もたついていた第2・四半期の米経済活動が勢いを増していることを示唆した。

ただ株式市場には、依然としてギリシャ金融支援協議に対する懸念がくすぶっている。国際通貨基金(IMF)は11日、ギリシャとの意見の相違がなお大きいとの理由からブリュッセルに滞在していた交渉団が撤収したことを明らかにした。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ1866で下げ1204(比率は1.55対1)、ナスダックが上げ1403で下げ1348(1.04対1)だった。

BATSグローバル・マーケッツのデータによると、米取引所の合計出来高は約58億株で、6月平均の61億株を下回った。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

    終値         18039.37(+38.97)

    前営業日終値    18000.40(+236.36)

    ナスダック総合.IXIC

    終値         5082.51(+5.82)

    前営業日終値    5076.69(+62.82)

    S&P総合500種.SPX

    終値         2108.86(+3.66)

    前営業日終値    2105.20(+25.05)

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below