October 18, 2019 / 10:10 PM / a month ago

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)とボーイング(BA.N)を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

週足ではナスダック総合とS&P総合500種が上げたものの、この日は主要3指数はそろって下落。J&JとボーイングがS&P総合500種の重しとなった。

ボーイングは6.8%安で終了。墜落事故を起こした「737MAX」型機の安全性について、ボーイングが米連邦航空局(FAA)当局者を誤った方向に導いた可能性があることがボーイングの従業員2人が交わしたテキストメッセージで示されたとロイターが報じたことが売り材料となった。

J&Jは6.2%安。米食品医薬品局(FDA)の検査で同社のベビーパウダーから微量のアスベストが検出されたことを受け、国内でベビーパウダー約3万3000個をリコール(自主回収)すると発表した。

中国国家統計局がこの日に発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は前年比6.0%増と、伸び率は市場予想を下回り、1992年の四半期統計開始以来、最低だった。米中貿易戦争の影響による製造業の生産低迷が響いた。

スパルタン・キャピタル証券(ニューヨーク)の首席市場エコノミスト、ピーター・カルディリョ氏は「経済が弱体化している兆候が出ていることに疑いはない」と指摘。「市場心理は企業決算に関してはプラスだが、この日の取引では中国のGDP統計のほか、ボーイングとJ&Jを巡るニュースが重しとなった」と述べた。

第3・四半期決算については、S&P総合500種を構成する企業のうち73社がこれまでに発表。リフィニティブによると、このうち83.6%が平均予想を上回った。

個別銘柄では、石油サービス大手シュルンベルジュ(SLB.N)が1.3%高。この日発表した第3・四半期決算は、のれん代減損損失127億ドルを計上したことで損失が約110億ドルと過去最大となったが、新最高経営責任者(CEO)はシェール・油田事業の拡大からソフトやサービス主体に転換する方針を表明した。

アメリカン・エキスプレス(アメックス)(AXP.N)は2.0%安。 第3・四半期決算は利益が予想を上回ったものの下落して終了した。

コカ・コーラ(KO.N)は1.8%高。第3・四半期(9月27日まで)決算は、「コカ・コーラゼロシュガー」などソーダのミニ缶販売が好調だったことで売上高が市場予想を上回った。

来週はボーイングのほか、キャタピラー(CAT.N)、マイクロソフト(MSFT.O)、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)などが決算を発表する。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.03対1の比率で上回った。ナスダックでも1.41対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は62億4000万株。直近20営業日の平均は65億5000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26770.20 -255.68 -0.95 27004.4 27018.2 26770.1 .DJI

9 5 3

前営業日終値 27025.88

ナスダック総合 8089.54 -67.31 -0.83 8149.85 8157.36 8045.38 .IXIC

前営業日終値 8156.85

S&P総合500種 2986.20 -11.75 -0.39 2996.84 3000.00 2976.31 .SPX

前営業日終値 2997.95

ダウ輸送株20種 10508.74 +12.56 +0.12 .DJT

ダウ公共株15種 866.01 +3.67 +0.43 .DJU

フィラデルフィア半導体 1590.09 -17.07 -1.06 .SOX

VIX指数 14.25 +0.46 +3.34 .VIX

S&P一般消費財 958.79 -3.11 -0.32 .SPLRCD

S&P素材 360.60 -0.37 -0.10 .SPLRCM

S&P工業 648.41 -5.70 -0.87 .SPLRCI

S&P主要消費財 623.45 +1.17 +0.19 .SPLRCS

S&P金融 466.45 +1.08 +0.23 .SPSY

S&P不動産 247.02 +2.39 +0.98 .SPLRCR

S&Pエネルギー 420.67 -2.30 -0.54 .SPNY

S&Pヘルスケア 1061.63 -3.58 -0.34 .SPXHC

S&P通信サービス 170.48 -1.50 -0.87 .SPLRCL

S&P情報技術 1419.82 -13.06 -0.91 .SPLRCT

S&P公益事業 323.94 +1.18 +0.36 .SPLRCU

 18日、米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)とボーイングを巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。写真はニューヨーク証券取引所。10月18日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

NYSE出来高 8.97億株 .AD.N

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22505 + 45 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22490 + 30 大阪比 <0#NIY:>

S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below