for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場=急反落、一段の大幅利上げを懸念

[5日 ロイター] - 米国株式市場は急反落して終了した。米連邦準備理事会(FRB)は前日に0.50%ポイントの利上げを決定したが、インフレ抑制には十分ではないとの見方から一段の大幅利上げに対する懸念が出ていることが背景。

幅広い銘柄に売りが出て、主要3指数は前日の上昇を全て解消。ナスダック総合は2020年6月以来の大幅な下落率となり、同年11月以来の安値で引けた。ダウ工業株30種も20年10月以来の大幅な下げとなった。

アルファベット、アップル、マイクロソフト、メタ・プラットフォームズ、テスラ、アマゾン・ドット・コムなどのハイテク株が売り込まれ、4.3─8.3%下落した。

ただ、売りは高成長株にとどまらず、全面安の展開となった。

バーデンス・キャピタル・アドバイザーズのメーガン・ホーネマン最高投資責任者は「投資家は(決算などの)ファンダメンタルズ(基礎的条件)に目を向けておらず、現在見られるのはむしろセンチメントの問題だ」と述べた。

パウエルFRB議長は4日、今後の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイント利上げは「積極的に」検討しないと述べたが、5日の米短期金利先物市場は6月の0.75%ポイント利上げを約75%織り込む水準となった。

S&P総合500種構成銘柄のうちプラス圏で引けたのはわずか19銘柄で、ツイッターは2.6%上昇。イーロン・マスク氏が同社買収資金としてオラクル共同創業者のラリー・エリソン氏やセコイア・キャピタルなど投資家から71億4000万ドルを確保したことが分かった。

S&Pの主要11セクターは全て下落し、一般消費財は5.8%安。第2・四半期の売上高見通しが予想を下回ったイーベイが11.7%急落した。

株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX)は31.20に上昇した。

市場では、労働市場の強さや金融政策への影響について手掛かりを得ようと6日発表の雇用統計に関心が集まる。

米取引所の合算出来高は134億5000万株。直近20営業日の平均は120億1000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 32997.97 -1,063.09 -3.12 33854.17 33854.17 32685.10

米国株式市場は急落して終了した。2020年11月撮影(2022年 ロイター/Shannon Stapleton)

前営業日終値 34061.06

ナスダック総合 12317.69 -647.17 -4.99 12787.52 12787.52 12183.56

前営業日終値 12964.86

S&P総合500種 4146.87 -153.30 -3.56 4270.43 4270.43 4106.01

前営業日終値 4300.17

ダウ輸送株20種 15084.10 -449.28 -2.89

ダウ公共株15種 998.27 -13.03 -1.29

フィラデルフィア半導体 3005.53 -158.26 -5.00

VIX指数 31.20 +5.78 +22.74

S&P一般消費財 1245.49 -76.90 -5.81

S&P素材 538.35 -17.29 -3.11

S&P工業 812.62 -22.23 -2.66

S&P主要消費財 799.96 -15.45 -1.89

S&P金融 581.15 -17.45 -2.91

S&P不動産 283.27 -7.36 -2.53

S&Pエネルギー 612.77 -8.66 -1.39

S&Pヘルスケア 1516.14 -30.32 -1.96

S&P通信サービス 202.78 -8.64 -4.09

S&P情報技術 2481.20 -128.60 -4.93

S&P公益事業 363.46 -3.94 -1.07

NYSE出来高 11.62億株

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 26755 - 55 大阪比

シカゴ日経先物6月限 円建て 26735 - 75 大阪比

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up