November 8, 2018 / 10:59 PM / 9 days ago

米株は反落、FOMC声明受け エネルギー株が主導

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国株式市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を受けてS&P総合500種とナスダック総合が反落した。米原油価格の下落を背景にエネルギー株がS&Pの下げを主導した。ダウ工業株30種はほぼ横ばい。

 11月8日、米国株式市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を受けてS&P総合500種とナスダック総合が反落した。(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

米連邦準備理事会(FRB)は8日まで開いたFOMCの声明で、力強い雇用の伸びと個人消費を背景に経済は成長軌道を維持しているとの見方を示す一方、企業投資は「今年に入ってからみられた速いペースからは緩やかになった」と指摘。今後の経済成長の足かせになる可能性を示唆した。

声明は企業投資に関する部分以外はおおむね予想通りで、次回12月のFOMCで利上げを実施する可能性を示唆した。

主要株価3指数は前日には米中間選挙を通過した安心感から、いずれも2%超上昇していた。

プルデンシャル・ファイナンシャルの首席マーケット・ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は、米中貿易戦争を巡る先行き不透明感から企業は投資を控えていると指摘。「企業支出が鈍れば、株式市場への支援が弱まる可能性がある」と語った。

また、FRBが景気減速につながる可能性のある状況に注目していることが今回のFOMC声明で明白になったと指摘した。

米国債利回りが上昇する中、S&P銀行株.SPXBKは0.4%上昇。金利上昇により銀行の利益が恩恵を受けるとの見方が背景。

エネルギー株は2.2%急落し、S&Pの下げを主導。供給が予想より速いペースで増えつつあることへの懸念を背景に、米原油先物CLc1は10月3日に付けた高値から20%超下落し、弱気相場入りが確認された。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が匿名の関係筋の話として報じたところによると、サウジアラビアの政府系シンクタンクは、石油輸出国機構(OPEC)解体による原油市場への影響を調査しているという。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.26対1の比率で上回った。ナスダックでも1.18対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は72億3000万株。直近20営業日の平均は84億3000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26191.22 +10.92 +0.04 26139.5 26277. 26081. .DJI

9 82 90

前営業日終値 26180.30

ナスダック総合 7530.89 -39.87 -0.53 7544.17 7566.9 7499.7 .IXIC

3 1

前営業日終値 7570.75

S&P総合500種 2806.83 -7.06 -0.25 2806.38 2814.7 2794.9 .SPX

5 9

前営業日終値 2813.89

ダウ輸送株20種 10660.66 -53.83 -0.50 .DJT

ダウ公共株15種 743.73 -3.37 -0.45 .DJU

フィラデルフィア半導体 1252.23 -5.24 -0.42 .SOX

VIX指数 16.74 +0.38 +2.32 .VIX

NYSE出来高 8.54億株 .AD.N

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22480 - 20 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22460 - 40 大阪比 <0#NIY:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below