Reuters logo
米国株、ダウ最高値更新 FB売られナスダックは下落
2017年11月2日 / 21:41 / 16日後

米国株、ダウ最高値更新 FB売られナスダックは下落

[ 2日 ロイター] - 米国株式市場では、米税制改革法案の詳細や米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人事が明らかになる中、ダウ工業株30種.DJIが過去最高値を更新。一方、フェイスブック(FB.O)が売られる中、S&P総合500種.SPXは伸び悩み、ナスダック総合.IXICは下落して引けた。

米下院共和党が税制改革法案を発表。連邦法人税率の20%への引き下げや所得税の簡素化などを柱とし、実現すれば1980年以来最大級の税制改革となる。

トランプ大統領は今月23日の感謝祭までに可決するよう議会に求めているが、連邦財政赤字の拡大が懸念され、共和党内から造反議員が出る可能性も残るなか、議会通過はなお予断を許さない状況となっている。

ベアードの投資ストラテジスト、ウィリアム・デルウッシェ氏は、「税制改革法案が最終的にどのような形になるのか、現時点で結論付けることは困難。なおかなりの不透明性が存在する」との認識を示した。

ボーイング(BA.N)、3M(MMM.N)、ゴールドマン・サックス(GS.N)が買われ、ダウを押し上げた。

一方、住宅関連銘柄は総崩れ。税制改革法案で、住宅ローン金利控除の適用上限となる住宅価格を50万ドルとし、現行の半分に引き下げるとの提案を嫌気した。

PHLX住宅指数.HGXは1.1%低下。トール・ブラザーズ(TOL.N)は6.1%、MDCホールディングス(MDC.N)は12%下落。ホームセンターのロウズ(LOW.N)は4.1%安、ホーム・デポ(HD.N)も1.6%安となった。

トランプ大統領はこの日、FRB次期議長にジェローム・パウエルFRB理事を指名すると発表した。

ホライゾン・インベストメント・サービシズのチャック・カールソン最高経営責任者(CEO)は「ハト派的な選択で、投資家の間では安心感が一層高まるだろう。ただパウエル氏指名はすでに市場に織り込まれていた」と語った。

フェイスブックは2%安。前日発表した第3・四半期決算は利益と売上高が市場予想を上回ったものの、費用を巡る懸念が売りを誘った。

テスラ(TSLA.O)は6.8%安。新型セダン「モデル3」の量産目標を約3カ月遅らせると表明したことや、第3・四半期決算が過去最大の赤字となったことを嫌気した。

米食材宅配サービスのブルーエプロン・ホールディングス(APRN.N)は18.6%急落。四半期赤字の拡大が重しとなった。

騰落比率はニューヨーク証券取引所が1対1.06、ナスダックは1.29対1。

米取引所の合算出来高は約74億株で、直近20営業日平均の62億株を上回った。

ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below