October 23, 2019 / 9:28 PM / 21 days ago

米株小幅高、決算不振もボーイング・キャタピラーに買い

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。ボーイング(BA.N)やキャタピラー(CAT.N)が発表した四半期決算は低調な内容となったものの、売りにはつながらなかった。

一方、売上高見通しが嫌気されたテキサス・インスツルメンツ(TI)(TXN.O)は下落し、半導体株全体を圧迫した。

米ボーイングの第3・四半期決算は53%の減益となったが、旅客機「737MAX」の運行再開時期を再確認。キャタピラーはアジア地域が減収となったが、トランプ米政権が導入した対中関税措置による影響は、これまでの見通しよりも小さくなると予想。ボーイングとキャタピラーの株価は1%超上昇した。

ボストン・プライベートの最高投資責任者(CIO)、シャノン・サコシア氏は「キャタピラーは貿易摩擦の影響を確実に受けていたので、(今回の決算は)それほどサプライズではなかった」と指摘。「ボーイングは737MAXを巡る問題が続いた」と述べた。

一方、TIは7.5%安。第4・四半期の売上高見通しが市場予想を下回った。これを受け、インテル(INTC.O)やブロードコム(AVGO.O)など他の半導体株も下落。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1.9%安となった。

アップル(AAPL.O)は1.3%高。モルガン・スタンレーが11月1日に開始される動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」が2020年度のサービス収入の伸びを2ポイント押し上げると予想し、目標株価を引き上げた。

フェイスブック(FB.O)も2.1%高。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が下院金融サービス委員会の公聴会に出席し、来年半ばに導入を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」に関する議員の懸念払拭に努めた。

ナイキ(NKE.N)は3.4%安。前日にマーク・パーカー最高経営責任者(CEO)が来年退任すると発表した。後任にはクラウドサービス企業サービスナウ(NOW.N)のジョン・ドナヒューCEOを起用する。サービスナウは3.6%下げた。

好決算を受け、米医療用機器大手ボストン・サイエンティフィック(BSX.N)と医療・科学機器を手掛ける米サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック(TMO.N)はそれぞれ5.0%と5.7%上昇した。

米製薬大手イーライリリー(LLY.N)は2.2%安。第3・四半期の売上高が市場予想をやや下回った。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.75対1の比率で上回った。ナスダックは1.17対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は61億1000万株。直近20営業日の平均は64億6000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26833.95 +45.85 +0.17 26835.24 26896.89 26745.00 .DJI

前営業日終値 26788.10

ナスダック総合 8119.79 +15.50 +0.19 8090.24 8122.89 8078.35 .IXIC

前営業日終値 8104.30

S&P総合500種 3004.52 +8.53 +0.28 2994.01 3004.78 2991.21 .SPX

前営業日終値 2995.99

ダウ輸送株20種 10726.59 -21.00 -0.20 .DJT

ダウ公共株15種 876.46 +3.19 +0.37 .DJU

フィラデルフィア半導体 1576.58 -31.02 -1.93 .SOX

VIX指数 14.05 -0.41 -2.84 .VIX

S&P一般消費財 952.26 -4.11 -0.43 .SPLRCD

S&P素材 360.24 +2.36 +0.66 .SPLRCM

S&P工業 657.43 -0.19 -0.03 .SPLRCI

S&P主要消費財 628.62 +2.95 +0.47 .SPLRCS

S&P金融 473.45 +1.69 +0.36 .SPSY

S&P不動産 248.21 +0.43 +0.18 .SPLRCR

S&Pエネルギー 437.36 +3.26 +0.75 .SPNY

S&Pヘルスケア 1069.33 +6.66 +0.63 .SPXHC

S&P通信サービス 170.73 +1.08 +0.64 .SPLRCL

S&P情報技術 1417.01 +1.72 +0.12 .SPLRCT

S&P公益事業 327.78 +1.20 +0.37 .SPLRCU

NYSE出来高 8.03億株 .AD.N

23日の米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。ボーイングやキャタピラーの四半期決算は低調な内容となったものの、売りにはつながらなかった。ニューヨーク証券取引所で22日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22805 + 155 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22795 + 145 大阪比 <0#NIY:>

*カテゴリーを修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below