for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

S&P・ナスダック下落、FRB低金利維持でもIT株に売り

[16日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種.SPXとナスダック総合.IXICが下落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表された声明を受け、米連邦準備理事会(FRB)が長期にわたり金利をゼロ付近に維持するとの見方が強まったものの、IT(情報技術)株への売りに押された。

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合<.IXIC>が下落して取引を終えた。ニューヨーク証券取引所で5月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

FOMCでは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを決定し、インフレ率が「当面、(2%目標を)緩やかに超える」軌道にあると判断するまで、低金利を維持する方針を表明。新たな金利見通しでは、大半の当局者が少なくとも2023年末まで政策金利が据え置かれると予想した。

FOMC声明発表後、主要株価指数は一時上げ幅を拡大し、ダウ工業株30種.DJIは1%超上昇する場面もあったが、引けにかけてIT株を中心に売られた。

プルデンシャル・フィナンシャルのチーフストラテジスト、クインシー・クロスビー氏はFOMC声明とパウエルFRB議長の会見について、市場の予想よりハト派的で、「緩和姿勢を維持する意向を市場に知らせる」ものだったと指摘。終盤の下げについては、ITセクターで利食い売りが出たとの見方を示した。

個別銘柄ではフェデックスFDX.Nが5.8%高。四半期決算で利益が予想を上回ったことを好感した。

スポティファイ・テクノロジーSPOT.Nは1.3%安。アップルが前日、動画・音楽配信などのサブスクリプションサービスを合わせた「Apple One(アップルワン)」を発表したことが重しとなった。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.68対1の比率で上回った。ナスダックも1.46対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は98億株。過去20営業日の平均は94億1000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 28032.3 +36.78 +0.13 28031. 28364. 28021. .DJI

8 69 77 67

前営業日終値 27995.6

0

ナスダック総合 11050.4 -139.86 -1.25 11222. 11245. 11046. .IXIC

7 08 42 43

前営業日終値 11190.3

2

S&P総合500種 3385.49 -15.71 -0.46 3411.2 3428.9 3384.4 .SPX

3 2 5

前営業日終値 3401.20

ダウ輸送株20種 11555.1 +78.18 +0.68 .DJT

4

ダウ公共株15種 814.51 -4.17 -0.51 .DJU

フィラデルフィア半導体 2195.54 -23.65 -1.07 .SOX

VIX指数 26.12 +0.53 +2.07 .VIX

S&P一般消費財 1205.26 -12.38 -1.02 <.SPLRCD

>

S&P素材 416.01 +0.29 +0.07 <.SPLRCM

>

S&P工業 669.49 +6.54 +0.99 <.SPLRCI

>

S&P主要消費財 661.08 -3.39 -0.51 <.SPLRCS

>

S&P金融 413.56 +4.52 +1.10 .SPSY

S&P不動産 229.49 +1.23 +0.54 <.SPLRCR

>

S&Pエネルギー 253.06 +9.84 +4.04 .SPNY

S&Pヘルスケア 1231.71 -2.77 -0.22 .SPXHC

S&P通信サービス 198.99 -2.43 -1.20 <.SPLRCL

>

S&P情報技術 2013.40 -31.88 -1.56 <.SPLRCT

>

S&P公益事業 302.84 -0.65 -0.22 <.SPLRCU

>

NYSE出来高 10.85億株 .AD.N

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 23360 + 60 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 23300 0 大阪比 <0#NIY:>

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up