for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場=小幅続伸、コロナワクチン巡る好材料受け

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。米ファイザー/独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンに関する前向きな材料を好感した。

米国株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。2月撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

ファイザーとビオンテックは共同開発した新型コロナワクチンについて、3回の接種を行うことで新たな変異株「オミクロン株」に対しても高い効果があることが確認されたと発表した。また、オミクロン株に対応するワクチンが必要な場合、来年3月に提供が可能になるとの見通しを示した。

主要株価3指数がいずれも3日続伸。旅行関連株に買いが入り、S&P1500航空指数は1.96%上昇した。オミクロン株の出現が報じられる直前の11月24日以来の高値を付ける場面もあった。

キングズビュー・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は「相場は主にコロナ関連ニュースを中心に動いている。他の何よりもリオープニング(経済再開)相場だ」と語った。

投資家は金利動向も注視している。

クレセット・キャピタル・マネジメントのジャック・アブリン最高投資責任者は「株式投資家の間では、金利がそれほど上昇しなくてもインフレ抑制は可能だという見方が広がりつつあり、買い安心感につながっている」と指摘した。

業種別では通信サービスやヘルスケアが上げを主導。一方、金融、主要消費財、公益事業は下落した。

新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)で最も打撃を受け、経済活動再開の恩恵を受けるリオープニング銘柄の値上がりが目立ち、ノルウェージャン・クルーズ・ラインは約8%、カーニバルは5.5%、ロイヤル・カリビアンは5.2%、それぞれ上昇した。

タイヤ大手のグッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーは2.6%高。ドイツ銀行が投資判断を「ホールド」から「バイ」に引き上げた。

工具大手スタンレー・ブラック・アンド・デッカーも3.3%高。スウェーデンの警備サービス大手セキュリタスが、電子セキュリティーソリューション事業を32億ドルで買収することで合意した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.68対1の比率で上回った。ナスダックでも1.93対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は103億株。直近20営業日の平均は115億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 35754.75 +35.32 +0.10 35716.85 35840.52 35602.65

前営業日終値 35719.43

ナスダック総合 15786.99 +100.07 +0.64 15690.65 15792.64 15618.88

前営業日終値 15686.92

S&P総合500種 4701.21 +14.46 +0.31 4690.86 4705.06 4674.52

前営業日終値 4686.75

ダウ輸送株20種 16304.80 -50.62 -0.31

ダウ公共株15種 932.63 -1.49 -0.16

フィラデルフィア半導体 3964.44 -24.30 -0.61

VIX指数 19.90 -1.99 -9.09

S&P一般消費財 1634.45 +4.54 +0.28

S&P素材 552.30 +2.21 +0.40

S&P工業 887.79 +2.41 +0.27

S&P主要消費財 755.69 -2.81 -0.37

S&P金融 648.64 -2.97 -0.46

S&P不動産 309.39 +1.44 +0.47

S&Pエネルギー 431.28 +0.04 +0.01

S&Pヘルスケア 1555.80 +11.47 +0.74

S&P通信サービス 267.86 +1.99 +0.75

S&P情報技術 3039.91 +13.51 +0.45

S&P公益事業 348.03 -0.40 -0.11

NYSE出来高 9.27億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 28880 - 10 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 28885 - 5 大阪比

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up