for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場=反落、利上げ停止期待に冷や水 堅調な雇用統計で

[3日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価3指数が反落。米雇用統計が堅調な内容となり、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを停止するという期待に冷や水を浴びせた。

6月3日、米国株式市場は主要株価3指数が反落。米雇用統計が堅調な内容となり、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを停止するという期待に冷や水を浴びせた。写真は2021年1月、ニューヨーク証券取引所前で(2022年 ロイター/Mike Segar)

大型グロース株のアップルやテスラが売られ、ナスダック総合を圧迫した。

米労働省が3日発表した5月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比39万人増と、市場予想の32万5000人を上回る伸びとなった。失業率は3.6%と3カ月連続で横ばいで推移した。

ADPのチーフエコノミスト、ネラ・リチャードソン氏は、金利とインフレを巡る不確実性によって、相場は今後も振れる展開になると予想する。

シティ・パーソナル・ウェルス・マネジメントの投資戦略責任者ショーン・スナイダー氏は、堅調な雇用統計を「もろ刃の剣」と指摘。「経済の良好な状況を示し朗報だが、FRBは引き締めを継続できるという確信を強めることになる」とし、「今年終盤に利上げを停止するという期待が出ていたこともあり、幾分ネガティブな材料となった」と述べた。

S&P主要11セクターでは、一般消費財が2.9%安、情報技術が2.5%安。一方、原油相場の上昇に追随し、エネルギーは1.4%高でアウトパフォームした。

週足では、S&P総合500種.が1.2%安、ナスダックが0.98%安、ダウ工業株30種が0.94%安。

アップルは3.9%安で終了。証券会社が弱気な見通しを示したほか、欧州連合(EU)諸国が来週にも、モバイルデバイスやヘッドフォンなどの充電ポート共通化で合意するという報道が嫌気された。

テスラも9.2%安。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は幹部に送った電子メールで、経済について「超悪い印象」を持っており、10%程度の人員削減が必要との見解を示した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.68対1の比率で上回った。ナスダックでも1.79対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は94億2000万株。直近20営業日の平均は128億9000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 32899.70 -348.58 -1.05 32986.3 33135.6 32839.

2 1 21

前営業日終値 33248.28

ナスダック総合 12012.73 -304.16 -2.47 12097.1 12167.4 11966.

2 4 62

前営業日終値 12316.90

S&P総合500種 4108.54 -68.28 -1.63 4137.57 4142.67 4098.6

7

前営業日終値 4176.82

ダウ輸送株20種 14444.84 -45.77 -0.32

ダウ公共株15種 1020.31 -6.07 -0.59

フィラデルフィア半導体 3062.59 -95.40 -3.02

VIX指数 24.79 +0.07 +0.28

S&P一般消費財 1200.56 -35.23 -2.85

S&P素材 542.46 -5.37 -0.98

S&P工業 805.43 -2.91 -0.36

S&P主要消費財 764.48 -8.05 -1.04

S&P金融 577.81 -9.00 -1.53

S&P不動産 273.96 -3.45 -1.24

S&Pエネルギー 676.93 +9.33 +1.40

S&Pヘルスケア 1510.43 -17.40 -1.14

S&P通信サービス 200.46 -4.86 -2.37

S&P情報技術 2442.38 -62.01 -2.48

S&P公益事業 375.72 -1.65 -0.44

NYSE出来高 8.18億株

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 27575 - 215 大阪比

シカゴ日経先物6月限 円建て 27575 - 215 大阪比

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up