for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場=4週間ぶり大幅上昇、米国債利回り低下が追い風

[7日 ロイター] - 米国株式市場は反発して終了した。米連邦準備理事会(FRB)当局者からタカ派的な発言が出たものの、米国債利回りの低下が追い風となった。

米国株式市場は、米国債利回りが低下する中、反発して終了した。3月撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

主要株価3指数の上昇率は8月10日以来の大きさとなり、8日ぶりに上昇したナスダック総合が上げを主導した。

米国株は8月中旬以降、パウエルFRB議長によるタカ派的な発言や欧州・中国の景気減速の兆し、主要中央銀行の積極的なインフレ抑制策などを背景に下落してきた。

米経済の底堅さを示すデータを受け、市場ではFRBが今月の会合で75ベーシスポイント(bp)の利上げを行うとの見方が高まっており、フェデラル・ファンド(FF)金利先物が織り込む75bp利上げの確率は76%を超えている。

米10年国債利回りはこの日、一時3カ月ぶりの水準に上昇したもののその後低下し、金利に敏感なアマゾン・ドット・コム、テスラ、マイクロソフトなどに買いが入った。

それでも投資家らは、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けて今後の利上げの道筋についてより明確な手掛かりを探っている。

ノースウェスタン・ミューチュアル・ウェルス・マネジメント・カンパニーにブレント・シュッテ最高投資責任者は「(米国債利回り低下を受けて)きょうは株式市場の地合いがやや改善したが、FRBが21日にどのような決定をするかが依然として大きな懸念材料だ」と述べた。

この日の株価は、FRB当局者によるタカ派的な発言には反応薄だった。クリーブランド地区連銀のメスター総裁は7日、高水準の家賃が依然インフレ指標に十分に反映されておらず、インフレがさらに上昇する可能性を示唆しているという認識を示した。

リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は6日、FRBは経済活動が抑制される水準まで金利を引き上げなければならず、インフレが収まりつつあると政策当局者が確信するまでその水準で維持する必要があるとの見解を示した。

業種別では、S&Pの主要11部門のうち10部門が上昇。景気の先行き不透明感からディフェンシブセクターが選好される中、公益事業が大きく上昇した。

エネルギー指数は1.16%安。リセッション(景気後退)リスクに伴う需要懸念から原油先物が約5%急落した。

個別銘柄では、中国の新興電気自動車(EV)メーカー、蔚来汽車(NIO)が一時の安値から切り返して2.16%上昇。第2・四半期決算で調整後損失が拡大したものの、売上高は予想を上回った。

米取引所の合算出来高は102億1000万株。直近20営業日の平均は104億3000万株だった。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を3.07対1の比率で上回った。ナスダックでも2.60対1で値上がり銘柄数が多かった。

終値 % 始値 高値 安値 コード

前日比

ダウ工業株30種 31581.28 +435.98 +1.40 31145.63 31644.34 31095.21

前営業日終値 31145.30

ナスダック総合 11791.90 +246.99 +2.14 11559.38 11819.07 11555.09

前営業日終値 11544.91

S&P総合500種 3979.87 +71.68 +1.83 3909.43 3987.89 3906.03

前営業日終値 3908.19

ダウ輸送株20種 13737.97 +73.42 +0.54

ダウ公共株15種 1047.29 +33.66 +3.32

フィラデルフィア半導体 2611.50 +40.03 +1.56

VIX指数 24.64 -2.27 -8.44

S&P一般消費財 1254.70 +37.44 +3.08

S&P素材 477.49 +12.69 +2.73

S&P工業 790.56 +12.67 +1.63

S&P主要消費財 762.22 +13.26 +1.77

S&P金融 554.68 +11.00 +2.02

S&P不動産 265.79 +5.01 +1.92

S&Pエネルギー 595.00 -6.95 -1.16

S&Pヘルスケア 1478.50 +24.26 +1.67

S&P通信サービス 184.31 +3.70 +2.05

S&P情報技術 2344.04 +36.74 +1.59

S&P公益事業 389.89 +11.87 +3.14

NYSE出来高 8.97億株

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 27710 + 250 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 27710 + 250 大阪比

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up