for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場=反落、インフレ見通し悪化で景気後退懸念

[14日 ロイター] - 米国株式市場は反落して取引を終えた。インフレ見通しの悪化により、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げが景気後退を誘発するとの懸念が根強い。

米国株式市場は反落して取引を終えた。インフレ見通しの悪化により、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げが景気後退を誘発するとの懸念が根強い。 (2022年 ロイター/Mike Segar)

米ミシガン大学が14日発表した10月の消費者信頼感指数(速報値)は59.8に上昇した。消費者信頼感が順調に改善した一方、家計のインフレ期待は1年先、5年先ともに上昇した。

アメリプライズ・ファイナンシャル(ミシガン州トロイ)のチーフ・マーケット・ストラテジスト、アンソニー・サグリンビーン氏は「インフレのピークを見たというシナリオにはまだ確信が持てず、それが市場を落ち込ませている」と述べた。

米セントルイス地区連銀のブラード総裁は14日、ロイターのインタビューに対し、9月の米消費者物価指数(CPI)でインフレが「有害」になり、かつ阻止が困難になっていることが示されたとし、「FRBが今も迅速に動いていることは理にかなっている」と述べた。

この日は米金融大手JPモルガン・チェースやシティグループなど大手金融機関が四半期決算を発表。JPモルガンは1.66%高、シティは0.65%高となったほか、S&P銀行株指数も0.03%上昇した。

予想を上回る四半期決算を発表した医療保険最大手ユナイテッドヘルス・グループは0.63%高。

米スーパーマーケットチェーン大手クローガーは、同業アルバートソンズ・カンパニーズを買収すると発表。株価は7.32%下落した。

米電気自動車(EV)大手テスラは7.55%下落した。ベルリン郊外の工場で燃料電池生産を開始する計画が保留になったとの報道を嫌気した。

米取引所の合算出来高は108億8000万株。直近20営業日の平均は114億8000万株。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.20対1の比率で上回った。ナスダックでも2.87対1で値下がり銘柄数が多かった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 29634.83 -403.89 -1.34 30192.2 30428.8 29614.

1 2 30

前営業日終値 30038.72

ナスダック総合 10321.39 -327.76 -3.08 10742.8 10766.6 10308.

1 9 81

前営業日終値 10649.15

S&P総合500種 3583.07 -86.84 -2.37 3690.41 3712.00 3579.6

8

前営業日終値 3669.91

ダウ輸送株20種 12503.38 -241.01 -1.89

ダウ公共株15種 847.11 -13.50 -1.57

フィラデルフィア半導体 2162.32 -100.92 -4.46

VIX指数 32.02 +0.08 +0.25

S&P一般消費財 1064.35 -42.92 -3.88

S&P素材 428.72 -15.15 -3.41

S&P工業 716.63 -16.35 -2.23

S&P主要消費財 703.05 -13.13 -1.83

S&P金融 514.70 -9.31 -1.78

S&P不動産 211.45 -5.63 -2.60

S&Pエネルギー 617.48 -23.76 -3.71

S&Pヘルスケア 1441.15 -12.11 -0.83

S&P通信サービス 161.34 -3.19 -1.94

S&P情報技術 2045.59 -60.44 -2.87

S&P公益事業 315.42 -4.93 -1.54

NYSE出来高 10.18億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 26620 - 430 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 26625 - 425 大阪比

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up