for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場=続伸、インフレ楽観視の前日の流れ継続

[11日 ロイター] - 米国株式市場は、続伸して終了した。10月の米消費者物価指数(CPI)伸びが鈍化したことで米利上げペースが減速するとの観測で上昇した前日の流れを引き継いだ。

米国株式市場は、続伸して終了した。10月の米消費者物価指数(CPI)伸びが鈍化したことで米利上げペースが減速するとの観測で上昇した前日の流れを引き継いだ。(2022年 ロイター/Jeenah Moon)

主要3指数のうち、ナスダック総合とS&P総合500種は大きく上昇。ダウ工業株30種はヘルスケア株の下落が重しとなり、上げ幅は限定された。

インガルス・アンド・スナイダー(ニューヨーク)のシニア・ポートフォリオ・ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は「昨日の流れが続いた」とし、様子見姿勢を取っていた投資家が買いを入れていると指摘。市場はある意味で底入れした可能性があるとしながらも「最高値更新にはまだほど遠い水準にある」と述べた。

この日は、暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXが米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表。市場はやや神経質になった。

ただそれでもアマゾン・ドット・コムは4.3%上昇。アップルとマイクロソフトも1%を超えて上昇し、ナスダックの上昇を主導した。

一方、医療保険最大手ユナイテッドヘルス・グループが4.1%下落し、ダウの重しになった。

中国電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディングの米市場上場株は1.4%高。中国当局が新型コロナウイルス感染対策を一部緩和したことで買いが入った。

S&P主要11セクターでは6セクターが上昇。エネルギーが3.07%、通信サービスが2.48%、それぞれ上昇した。

S&Pグロース指数は1.6%高、バリュー株指数は0.3%高。

週足ではS&Pが5.9%、ダウが4.15%、ナスダックが8.1%、それぞれ上昇。

S&P総合500種では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.7対1の比率で上回った。

米取引所の合算出来高は135億株。直近20営業日の平均は120億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 33747.86 +32.49 +0.10 33797.7 33817. 33394.

5 96 43

前営業日終値 33715.37

ナスダック総合 11323.33 +209.18 +1.88 11124.7 11352. 11069.

5 43 83

前営業日終値 11114.15

S&P総合500種 3992.93 +36.56 +0.92 3963.72 4001.4 3944.8

8 2

前営業日終値 3956.37

ダウ輸送株20種 14554.55 +301.15 +2.11

ダウ公共株15種 927.43 -11.71 -1.25

フィラデルフィア半導体 2754.90 +82.39 +3.08

VIX指数 22.52 -1.01 -4.29

S&P一般消費財 1130.23 +27.16 +2.46

S&P素材 510.85 +5.88 +1.16

S&P工業 840.90 -0.87 -0.10

S&P主要消費財 765.85 -1.08 -0.14

S&P金融 595.51 +4.65 +0.79

S&P不動産 242.70 -0.26 -0.11

S&Pエネルギー 716.02 +21.28 +3.06

S&Pヘルスケア 1550.40 -20.10 -1.28

S&P通信サービス 166.45 +4.02 +2.48

S&P情報技術 2327.40 +39.45 +1.72

S&P公益事業 345.24 -4.00 -1.14

NYSE出来高 11.75億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 28120 - 150 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 28120 - 150 大阪比

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up