November 9, 2018 / 10:51 PM / 5 days ago

米株主要3指数が下落、原油安や中国経済の鈍化懸念で

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場は主要3指数が下落して取引を終えた。原油価格が下げを強めたほか、新たな指標で中国経済の鈍化が示されたことが背景。

 11月9日、米国株式市場は主要3指数が下落して取引を終えた。原油価格が下げを強めたほか、新たな指標で中国経済の鈍化が示されたことが背景。ニューヨーク証券取引所で撮影(2018年 ロイター/ANDREW KELLY)

原油価格は、供給拡大と世界経済の鈍化の兆しを受けて1%近く下落した。

インデペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザッカレリ氏は「原油が市場を揺らしている。原油価格がさらに下げれば、世界経済の成長が鈍化する新たなサインだ」と指摘した。

前日に2.2%下落したS&Pエネルギー株指数.SPSYは0.4%続落した。

ルーソルド・グループの首席投資ストラテジスト、ジム・ポールセン氏は、株価について「10月の安値を下回るだろう。経済成長は鈍化しているが、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを止めるほどの鈍化ではない」と述べた。

投資家はリスク取りに消極的になっているもようで、S&P情報技術株指数.SPLRCTは1.7%下落。アップル(AAPL.O)は1.9%安、半導体株.SOXも1.9%安となった。

セクター別では主要消費財株.SPLRCSが0.5%高で上昇率トップ。公益事業株.SPLRCUや不動産株.SPLRCRも小幅高だった。

中国国家統計局が発表した10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前年比3.3%で、9月の3.6%から鈍化した。鈍化は4カ月連続で、米国との貿易摩擦が経済を圧迫していることが浮き彫りになった。これを受け、世界の主要株式市場が下落した。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.22対1の比率で上回った。ナスダックでは2.95対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄では29銘柄が52週高値を更新し、8銘柄が安値を更新。ナスダック総合構成銘柄は46銘柄が新高値を付け、113銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は79億3000万株。直近20営業日の平均は83億9000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25989.30 -201.92 -0.77 26149.11 26161.49 25882.91 .DJI

前営業日終値 26191.22

ナスダック総合 7406.90 -123.98 -1.65 7468.51 7474.34 7349.49 .IXIC

前営業日終値 7530.89

S&P総合500種 2781.01 -25.82 -0.92 2794.10 2794.10 2764.24 .SPX

前営業日終値 2806.83

ダウ輸送株20種 10517.21 -143.45 -1.35 .DJT

ダウ公共株15種 738.23 -5.50 -0.74 .DJU

フィラデルフィア半導体 1229.05 -23.18 -1.85 .SOX

VIX指数 17.36 +0.64 +3.83 .VIX

NYSE出来高 9.69億株 .AD.N

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22150 - 120 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22125 - 145 大阪比 <0#NIY:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below