for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

米国株式市場=大幅続伸、議会ねじれ継続で政策の急転換ないとの見方

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。米大統領選で民主党候補のバイデン氏が勝利した場合でも、上院で共和党が過半数を維持し、企業利益を損ないかねない大規模な政策変更は阻止されるとの見方が広がった。

米連邦準備理事会(FRB)が5日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利をゼロ付近に据え置き、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた経済を支援するため、あらゆる手段を尽くすと改めて表明したことも、支援材料になった。

FRBのパウエル議長はFOMC後の記者会見で、財政ファイナンスは検討していないと表明した。

プルデンシャル・ファイナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏はFOMCについて、「市場の予想通りだった。経済、および景気見通しを巡る懸念があるようだ。緩和スタンスを維持し、政府による財政刺激が必要との見解を変えなかった」と指摘。「米大統領選の集計作業が続く中、FRBとして踏み込んだ見解を示すのは極めて難しい」と付け加えた。

米株市場は今週に入り4日続伸しており、4日間の上昇率としては主要株価3指数全てで約7カ月ぶりの大きさを記録した。

新型コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことから恩恵を受けているテクノロジー企業の比重が大きいナスダック総合.IXICは、9月2日に付けた終値ベースでの過去最高値に近づいた。

フィラデルフィア半導体指数.SOXは4.40%急伸し、過去最高値で終了。S&P情報技術セクター.SPLRCTは3.12%高となり、S&P総合500種.SPXを押し上げた。

半導体大手クアルコムQCOM.Oは12.75%の大幅高。第1・四半期(10─12月)の売上高見通しが市場予想を上回った。

S&Pの主要11セクターはエネルギー.SPNYを除いて全てが上昇した。素材セクター.SPLRCMは4.05%上昇し、過去最高値を付けた。工業ガス大手リンデLIN.Nが6.15%値上がりし、指数の上げを主導した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を4.57対1の比率で上回った。ナスダックでは3.30対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は104億2000万株。直近20営業日の平均は91億6000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 27847.66 +367.63 +1.34 27512.8 28301.5 27512. .DJI

3 0 83

前営業日終値 27480.03

11月4日、米国株式市場は大幅に続伸して取引を終えた。ウオール街で2019年1月撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

ナスダック総合 11590.78 +430.21 +3.85 11443.7 11663.3 11394. .IXIC

8 1 21

前営業日終値 11160.57

S&P総合500種 3443.53 +74.37 +2.21 3406.46 3486.25 3405.1 .SPX

7

前営業日終値 3369.16

ダウ輸送株20種 11391.91 -168.05 -1.45 .DJT

ダウ公共株15種 877.69 -12.09 -1.36 .DJU

フィラデルフィア半導体 2383.26 +80.53 +3.50 .SOX

VIX指数 29.78 -5.77 -16.23 .VIX

S&P一般消費財 1237.02 +37.64 +3.14 .SPLRCD

S&P素材 409.83 -6.88 -1.65 .SPLRCM

S&P工業 670.97 -6.72 -0.99 .SPLRCI

S&P主要消費財 660.78 +0.37 +0.06 .SPLRCS

S&P金融 407.42 -5.23 -1.27 .SPSY

S&P不動産 220.98 +0.62 +0.28 .SPLRCR

S&Pエネルギー 223.45 +0.36 +0.16 .SPNY

S&Pヘルスケア 1277.71 +54.41 +4.45 .SPXHC

S&P通信サービス 207.99 +8.48 +4.25 .SPLRCL

S&P情報技術 2066.85 +76.29 +3.83 .SPLRCT

S&P公益事業 323.47 -5.24 -1.60 .SPLRCU

NYSE出来高 8.16億株 .AD.N

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 23905 + 165 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 23885 + 145 大阪比 <0#NIY:>

*本文第4段落目の社名を一部修正しました。

S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up