for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

S&P下落、コロナ変異種巡る懸念で 経済対策受け下げ幅縮小

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国株式市場は、S&P総合500種が下落して取引を終えた。ただ一時の大幅な下げからは持ち直した。新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念が重しとなる一方、米議会指導部が合意した追加経済対策に支援された。

 12月21日、米国株式市場は、S&P総合500種が下落して取引を終えた。ただ一時の大幅な下げからは持ち直した。ニューヨーク証券取引所前で10月26日撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

ナスダック総合も小幅に下落。ダウ工業株30種は金融株に支援され、一時の下げから小幅な上昇に転じた。

米議会の与野党指導部は20日、9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策で合意に達した。21日に採決が行われる見通し。

ただ、英国で拡大している感染力が強い新型コロナウイルス変異種への懸念から、世界で英国からの渡航を制限する動きが広がっている。

レノックス・ウエルス・アドバイザーズのデビッド・カーター最高投資責任者(CIO)は「『サンタラリー』はお預けだ。英国での新型コロナを巡る厄介なニュースを受けてコロナの問題がまだ解決していないことが改めて認識された」と指摘した。

追加経済対策については「リセッション(景気後退)を食い止めるには十分とみられるが、長くは続かない。多くの市場参加者が期待していたほど大規模ではなかった。ただ、市場の支援になる意義ある行動が多く含まれている」と述べた。

新型コロナ変異種を巡る懸念から航空株は下落。追加経済対策に国内航空会社に対する追加の雇用支援150億ドルが盛り込まれる見通しにもかかわらず、コロナ関連ニュースに圧迫された。S&P1500航空株指数は1.2%安。

電気自動車(EV)大手テスラはこの日からS&P総合500種に組み入れられた。時価総額はS&P500採用時として過去最大となり、構成比率は約1.69%。同社株は6.5%安で引けた。

銀行株は逆行高となった。米連邦準備理事会(FRB)が18日に発表した大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果では、すべての対象行が最低資本要件をクリアした。また、FRBは前回6月に発表した配当支払いの制限や自社株買いの禁止を緩め、前年の純利益を超えない程度でこうした施策を行うことを認めた。S&P銀行株指数は2.7%高。

ゴールドマン・サックスは6.1%急伸し、新型コロナ危機前の株価水準を上回った。

S&Pの主要11セクターで上昇したのは金融株指数と情報技術株指数のみだった。

スポーツ用品大手ナイキは4.9%上伸。年間の売上高伸び率見通しを上方修正したことを受け、複数の証券会社が目標株価を引き上げた。

軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチンは1.9%下落。同社はロケットやミサイルの推進器の製造を手掛けるエアロジェット・ロケットダイン・ホールディングスを債務など含め44億ドルで買収することで合意したと発表した。

IBMは2.0%安。クラウドコンピューティング事業の強化に向け、フィンランドを拠点とするスタートアップ企業ノルドクラウドを買収すると発表した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.85対1の比率で上回った。ナスダックでは1.26対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は116億株。直近20営業日の平均は116億8000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 30216.45 +37.40 +0.12 30159.00 30304.14 29755.53

前営業日終値 30179.05

ナスダック総合 12742.52 -13.12 -0.10 12596.14 12751.27 12525.22

前営業日終値 12755.64

S&P総合500種 3694.92 -14.49 -0.39 3684.28 3702.90 3636.48

前営業日終値 3709.41

ダウ輸送株20種 12485.53 -80.54 -0.64

ダウ公共株15種 844.96 -12.30 -1.43

フィラデルフィア半導体 2747.29 -17.45 -0.63

VIX指数 25.16 +3.59 +16.64

S&P一般消費財 1279.10 -9.94 -0.77

S&P素材 450.07 -2.64 -0.58

S&P工業 744.20 -4.33 -0.58

S&P主要消費財 688.75 -7.28 -1.05

S&P金融 477.98 +5.85 +1.24

S&P不動産 222.84 -1.78 -0.79

S&Pエネルギー 288.06 -5.27 -1.80

S&Pヘルスケア 1299.99 -12.66 -0.96

S&P通信サービス 218.61 -1.59 -0.72

S&P情報技術 2253.70 +1.64 +0.07

S&P公益事業 310.45 -3.97 -1.26

NYSE出来高 12.05億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 26545 - 105 大阪比

シカゴ日経先物3月限 円建て 26515 - 135 大阪比

S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up