for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米国株式市場=下落、インフレ懸念で連日の最高値更新に終止符

 (内容を追加し、表を更新しました)
    [ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場は下落し、連
日の最高値更新に終止符を打った。利益確定の動きに加え、インフレ懸
念が幅広い売りにつながった。
    S&P総合500種とナスダック総合は前日まで8
営業日連続、ダウ工業株30種は2営業日連続で終値での最高値
を更新していた。
    こうした中、市場を動かす材料がなく、利食い売りが出たようだ。
LPLフィナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、ライアン・デトリ
ック氏は、市場がかなり上昇してきたことから利食い売りが出ても当然
と指摘。「株は毎日上がるものではないということを思い出させる。き
ょうは幾分売られ過ぎだが、過度に懸念する必要はない」と語った。
    9日発表された10月の卸売物価指数(PPI)は前月比0.6%
上昇と、9月の0.5%上昇から伸びが加速した。新型コロナウイルス
のパンデミック(世界的大流行)に伴うサプライチェーン(供給網)の
問題が続く中、高インフレが当面続く公算が大きいことが示された。[n
L4N2S046D]
    卸売物価の上昇が消費者にどの程度転嫁されているかを探る上で1
0日発表の消費者物価指数(CPI)統計が注目される。
    S&P主要11セクターでは5セクターが下落。一般消費財<.SPLR
CD>が1.4%安と最大の下落率を記録した。一方、公益事業
は0.4%上昇し、セクターの上げを主導した。
    第3・四半期決算シーズンは終盤を迎えており、これまでにS&P
500種採用企業のうち445社が決算を発表済み。リフィニティブに
よると、このうち81%がアナリストの予想を上回っている。
    ゼネラル・エレクトリック(GE)は2.6%上昇。企業全
体を3分割すると発表したことを受けた。
    テスラは12%下落し、一般消費財セクターを圧迫。テス
ラ株の約1割を売却するというマスク最高経営責任者(CEO)の提案
がツイッター上の投票で57.9%の支持を得たことを受けた下落が続
いた。
    ネット証券のロビンフッド・マーケッツは顧客約500万
人の電子メールアドレスを第三者が入手する事案が今月3日に発生した
と発表。株価は3.4%下落した。
    好調な決算を受け、ソーシャルゲーム大手ジンガは9.4
%、住宅建設大手DRホートンは5.2%、それぞれ値上がり
した。
    ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を
1.13対1の比率で上回った。ナスダックでは1.40対1で値下が
り銘柄数が多かった。
    米取引所の合算出来高は110億2000万株。直近20営業日の
平均は107億6000万株。
    
                             終値   前日比      %      始値      高値      安値  コード
 ダウ工業株30種         36319.98  -112.24   -0.31  36404.53  36416.98  36173.07        
  前営業日終値           36432.22                                                 
 ナスダック総合           15886.54   -95.81   -0.60  16024.13  16035.21  15836.68         
  前営業日終値           15982.36                                                 
 S&P総合500種        4685.25   -16.45   -0.35   4707.25   4708.53   4670.87        
  前営業日終値            4701.70                                                 
 ダウ輸送株20種         16655.47  -234.93   -1.39                                      
 ダウ公共株15種           909.94    +2.94   +0.32                                      
 フィラデルフィア半導体    3800.57    -2.76   -0.07                                      
 VIX指数                  17.78    +0.56   +3.25                                      
 S&P一般消費財          1619.71   -22.17   -1.35                               
 S&P素材                 560.63    +2.37   +0.42                                         
 S&P工業                 905.34    +2.29   +0.25                                         
 S&P主要消費財           755.07    +3.02   +0.40                                         
 S&P金融                 664.66    -3.65   -0.55                                       
 S&P不動産               302.29    +1.08   +0.36                                         
 S&Pエネルギー           447.67    +1.76   +0.39                                       
 S&Pヘルスケア          1551.27    -5.83   -0.37                                        
 S&P通信サービス         277.87    -0.73   -0.26                                         
 S&P情報技術            2935.91   -12.65   -0.43                                         
 S&P公益事業             337.81    +1.46   +0.44                                         
 NYSE出来高           8.78億株                                                        
 シカゴ日経先物12月限     ドル建て    29300       0   大阪比                              
 シカゴ日経先物12月限       円建て    29285    - 15   大阪比                               
 

    
 (S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください
リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合が
あります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up