Reuters logo
NY市場サマリー(23日)
2016年5月23日 / 21:51 / 2年前

NY市場サマリー(23日)

[ 23日 ロイター] - <為替> ドルが円に対して下落した。日本の4月貿易収支が3カ月連続で黒字となった上に、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で米国が日本の為替介入をけん制したことが、円買いにつながった。

<債券> 短期債利回りが上昇し、2年債利回りは2カ月ぶりの高水準付近で推移した。経済がさらに好転すれば連邦準備理事会(FRB)は6月にも利上げに踏み切るとの見方が強まった。

前週、連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表されるまで、市場が織り込む6月の利上げ確率はほぼゼロだったが、「議事要旨を通じてFRBが利上げへの地ならしを行ったため、市場は動揺した」(ストーン&マカーシーのジョン・キャナバン市場ストラテジスト)という。

この日は、ブラード米セントルイス地区連銀総裁が「利上げ期待の高まりはおそらく良いことだ」と述べたほか、ウィリアムズ米サンフランシスコ地区連銀総裁は年内2-3回の利上げが「ほぼ適切」と語った。

ただ6月利上げについては、英国で欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票がFOMC会合の約1週間後に実施されることもあり「FRBは慎重姿勢に傾く」(パイパー・ジャフレーのディミトリ・デリス氏)とみられる。

今週は翌24日に260億ドルの2年債、25日に340億ドルの5年債、26日に280億ドルの7年債入札が行われる。

<株式> 小幅安。FRBの早期利上げ観測が相場の重しとなった。

アップル(AAPL.O)は1.27%高。台湾の経済日報は、アップルが部品供給業者に対し、次世代iPhone(アイフォーン)向けの部品を従来の予想よりも多く生産するよう要請したと報じた。フィラデルフィア半導体株指数.SOXは0.66%上がった。

マイクロソフト(MSFT.O)は1.17%値下がりし、S&P総合500種を押し下げた。

農業関連・種子開発のモンサント(MON.N)は4.41%高。ドイツの医薬品・化学大手バイエル(BAYGn.DE)はモンサントに対し、総額620億ドルの買収案を提示した。

新聞・出版のトリビューン・パブリッシングTPUB.Nは15.04%の急落。同社は同業のガネットが提示した最新の買収案を拒否した。ガネット(GCI.N)も2.36%安となった。

<金先物> 手掛かり材料不足の中、引き続き米国の早期利上げ観測や対ユーロでのドル高 基調を背景に4営業日続落した。

サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁が、6月か7月の利上げの可能性に言及。FRBによる目先の利上げ観測を一段と強め、圧迫材料となった。

<米原油先物> 供給過剰懸念が再燃する中、利益確定の売りなどに押され、続落した。

イランのジャバディ副石油相は22日、原油輸出量を制裁前の水準に引き上げる意向を明らかにした。これを受けて、イランによる増産で石油輸出国機構(OPEC)加盟国全体の産油量が一段と増えるのではないかとの観測が強まった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below