Reuters logo
NY市場サマリー(23日)
2015年1月24日 / 05:03 / 3年前

NY市場サマリー(23日)

[23日 ロイター] - <為替> ユーロが対ドルで11年ぶりの安値を更新。前日の欧州中央銀行(ECB)による国債買い入れ型の量的緩和(QE)実施の決定が引き続き材料視された。ユーロ/ドルEUR=は一時2%超下落。1.1115ドルをつけ、2003年9月以来の安値を更新した。また、今週に入り、3%超下落した。

ユーロ/円EURJPY=は1年4カ月ぶりの安値となる130.91円をつけた。ユーロ/ポンドEURGBP=D3も74.295ペンスと、7年ぶり安値を更新した。

25日に実施されるギリシャ総選挙をめぐる不透明性もユーロへの重しとなったもよう。ドル/円JPY=EBSは0.6%安の117.78円。

<債券> 国債価格が上昇し利回りは低下。前日の欧州中央銀行(ECB)による国債買い入れ型の量的緩和(QE)実施決定を受け、域内国債利回りが過去最低を更新するなか、長期国債中心に買いが進み、イールドカーブがフラット化。欧州債券と比較して利回りが相当高いことが買いを後押しした。

ECBが発表したQE計画は、資金供給規模が1兆ユーロ以上となる見通しで、市場予想の5000億─7000億ユーロを上回り、買い入れ期間の延長の可能性にも含みを残した。さらに償還期間が最大30年の債券も買い入れ対象となるなど、全般的に大方の予想を超える内容となった。

<株式> ダウ工業株30種とS&P総合500種が下落して取引を終えた。業績見通しが嫌気された貨物輸送大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)(UPS.N)が大幅に値下がりしたほか、鉱業株にも売りが集中した。

UPSは2014年第4・四半期の業績予想を下方修正したことで、株価が9.9%下落した。米国内での陸上貨物輸送が振るわなかった。

石油大手エクソンモービル(XOM.N)も下落した。クレディ・スイス証券が投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げたことが嫌気された。

<金先物> 前日の上伸一服後にドル高・ユーロ安の進行につれて売られ、反落した。中心限月2月物終値は前日比8.10ドル安の1オンス=1292.60ドルで終了した。前日の欧州中央銀行(ECB)の量的緩和決定を消化し、時間外取引中から弱含みで推移した。ドルが対ユーロで上伸したことで割高感が生じたことも下押し材料だった。寄り付き後は、良好な米指標を受けて一段安に下落。安全資産としての魅力が弱まるにつれて一段と売り圧力が強まった。ただ、週末にギリシャの総選挙を控え、大きくポジションを動かしづらく、下げ幅は限定的だった。

<米原油先物> ドル高やサウジアラビアの国王死去を受けた供給政策変更の観測が一服したことから売り込まれ、続落した。米国産標準油種WTIの中心限月3月物は前日終値比0.72ドル安の1バレル=45.59ドルと、終値ベースでは2009年3月11日(42.33ドル)以来5年10カ月ぶりの安値で取引を終了。4月物は0.66ドル安の46.32ドルで引けた。サウジのアブドラ国王死去が伝えられたことを受けて、主要産油国である同国の原油相場への立場が変わるのではないかとの思惑が広がったが、寄り付き前から値を削り、売り地合いに転じた。速やかに即位したサルマン新国王が前国王の統治を引き継ぐ姿勢を明らかにしたことを受けて、原油供給に対するスタンスは変わらないとの見方が強まり、買いが後退した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below