Reuters logo
NZ政府、中銀改革の行程表を数週間内に公表=財務相
2017年10月31日 / 03:21 / 21日前

NZ政府、中銀改革の行程表を数週間内に公表=財務相

[ウェリントン 31日 ロイター] - ニュージーランドで新たに発足した労働党政権のロバートソン財務相は31日、ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中銀)の改革に向けた行程表を数週間内に公表すると明らかにした。物価だけでなく雇用も金融政策の焦点とすることを目指しているという。

 10月31日、ニュージーランドで新たに発足した労働党政権のロバートソン財務相は、ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中銀)の改革に向けた行程表を数週間内に公表すると明らかにした。写真はRBNZの正面玄関。ウェリントンで7月撮影(2017年 ロイター/David Gray)

同相は現地ラジオの番組で、RBNZに2つの責務を導入するに当たり、米国とオーストラリアを参考にする意向を表明。現在のインフレ目標である1─3%を維持する一方で、雇用については特定の目標は設けないと説明した。

政策決定についても、中銀総裁のみが行う現在の方式から委員会制に変更し、中銀当局者だけでなく外部の専門家も委員に指名する考えを示した。

ニュージーランドの失業率は低いため、エコノミストらは中銀改革によって短期的に政策の方向性が大きく変わることはないと見込んでいるが、長期間にわたり金利を過去最低水準に維持するという姿勢が強まる結果になると予想している。

ニュージーランドドル NZD=D4はこの日の取引で0.6873米ドルと、ほぼ変わらずの水準で推移。9月23日の総選挙前の水準からは6.4%安となっている。

ロバートソン氏は、最近のNZドルの下落について「取り立てて」懸念はしていないと述べた。政権交代後のボラティリティは通常通りになっているとした。

NZ中銀は1989年に世界に先駆けてインフレ目標を導入。新政権は中銀関連法を見直すことで、国内経済活動を支えるという広い意味での政策目標に雇用状況の点検も含める方針。同氏は「インフレ率を適切な水準に維持することは非常に重要だが、経済全体の健全性における中銀の役割を明確にしたい」とした。

アナリストらは、中銀が実際にどれだけ金融政策の焦点を拡大するかについては、3月に任命される新総裁次第になると予想している。

ロバートソン氏はまた、中銀の運営についても変更を求めており、諸外国と同様、金融政策決定会合の議事要旨を公表し、透明性を高めることも検討すると述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below