February 27, 2018 / 4:06 AM / 8 months ago

米20州、オバマケア撤廃求め連邦政府を集団提訴

[26日 ロイター] - 米国の20州が26日、医療保険制度改革法(オバマケア)に基づく個人の保険加入義務が昨年廃止されたことにより同法は違憲になったとして、連邦政府を集団提訴した。

 2月26日、米国の20州が、医療保険制度改革法(オバマケア)に基づく個人の保険加入義務が昨年廃止されたことにより同法は違憲になったとして、連邦政府を集団提訴した。写真はオバマケアのマーク。カリフォルニア州サンディエゴの保険販売店で昨年10月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

昨年12月に成立した税制改革法は個人の保険加入義務を撤廃し、未加入者への罰金を廃止した。

訴訟はテキサス州のケン・パックストン司法長官とウィスコンシン州のブラッド・シメル司法長官が率いている。両氏とも共和党員。

パックストン氏は声明で、「米最高裁は既に、課税による罰金のない個人の加入義務は違憲だと認めている」と主張。「同法の正当な根拠が残っていないため、米国人はオバマケアの締め付けからきっぱりと解放されるべき」と強調した。

米司法省は、トランプ政権がオバマケアを守るために法廷で争う方針なのかとの問いに対し、これまでのところコメントしていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below