for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンガポールのOCBC、第1四半期は43%減益 引当金追加計上で

[シンガポール 8日 ロイター] - シンガポール第2位のオーバーシー・チャイニーズ銀行OCBC.SIが発表した第1・四半期決算は、純利益が前年同期から43%減少し、7年ぶりの低水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスの世界的流行を受けて貸倒引当金を大きく積み増したことが響いた。

純利益は6億9800万シンガポールドル(4億9400万米ドル)と、リフィニティブがまとめたアナリスト4人の予想平均である9億4100万シンガポールドルを下回った。前年同期は12億3000万シンガポールドル。

貸倒引当金は6億5700万シンガポールドルと、前年同期の2億4900万シンガポールドルの2倍以上の水準まで積み増した。「市場の景気後退(リセッション)見通しから想定される緊張状態」に対するバッファーを構築し、石油貿易業を手掛ける現地の顧客への引当金も踏まえたと説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up