for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

失業中の英国人、78%が「旅行」を計画=調査

 7月28日、失業中の英国人の78%が「旅行」を計画していることが調査で明らかに。写真は4月、ロンドンで行われた求職イベント(2009年 ロイター/Luke MacGregor)

 [ロンドン 28日 ロイター] 景気後退(リセッション)のあおりを受け職を失った英国人の多くが、失業期間を利用して旅行へ出掛けたいと考えていることが、28日に公表された調査で明らかになった。

 外貨両替サービスを行う「トラベレックス」が4000人を対象に面接調査をしたところ、78%が失業期間中の計画として旅行に出掛けたいと答えた。

 中でも、30─55歳の年齢層で旅行に出掛けると答えた人は、18─24歳に比べて2倍以上の割合で多く、旅行期間も平均で3カ月だという。

 また、旅行予算については、3000ポンド(約40万円)以上と答えた人が38%、5000ポンド以上とした人も16%いた。

 調査によると、中高年齢層が最も行ってみたい旅行先はカナダで、日本やハワイ、インドネシアやフィリピンも人気が高いという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up