for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国での心臓病による死者数、2010年は40万人に=英研究

 [ロンドン 1日 ロイター] 英研究者が1日、米国での心臓病による死者数は今年、約40万人に上るとの見通しを発表した。そのうち半数は、健康に配慮した食事と禁煙により防げるはずの死だという。

 リバプール大のサイモン・ケープウェル氏は、世界保健機関(WHO)の週刊ジャーナルに発表した研究で「米国では過去40年間に心臓病による死の割合が低下していたが、ここにきて若い男女で横ばいとなっている」と指摘した。

 米国では成人の3人に2人、子供では3人に1人程度が太り過ぎまたは肥満とされる。太り過ぎや肥満は、糖尿病や心臓病、その他慢性病のリスクを高める。

 米保健当局は先週、経済に負担ともなっている肥満の問題に対処するためのキャンペーンにミシェル・オバマ大統領夫人を起用した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up