for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国で最も惨めな都市はクリーブランド=調査

 [ニューヨーク 18日 ロイター] 米誌フォーブスの電子版(www.forbes.com)が発表した最新の調査で、米国で最も惨めな都市にオハイオ州クリーブランドが選ばれた。

 クヤホガ川の流れる同市がこの調査で1位に選ばれたのは、高い失業率や、うっとうしい天気が多いこと、高い税率、汚職、スポーツチームの不振が反映されたため。

 そのほか、失業率と犯罪率が高く、昨年の調査では1位だったカリフォルニア州ストックトンが2位。犯罪率が高く、有罪になった当局者の多いテネシー州メンフィスが3位に続いた。

 フォーブスのKurt Badenhausen氏は、「リストの上位には、かつては大規模な生産拠点だった中西部の都市が多く入った」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up