for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エストニアの蚊取り王、かゆみに耐え10分で38匹捕獲

 6月16日、バルト海沿岸エストニアのタルトゥで、蚊取り大会が行われた。写真は蚊帳の中で寝る人。イスラマバードで昨年7月撮影(2010年 ロイター/Akhtar Soomro)

 [タルトゥ(エストニア) 16日 ロイター] バルト海沿岸エストニアのタルトゥで、蚊取り大会が行われた。参加者は個人もしくは3人のチームを作り、指定された区域内で10分間に何匹捕まえられるかを競った。

 主催者は「蚊が多いため対策を考える必要があり、蚊取り大会を催すことを決めた」と説明。参加者のある男性は大会を前に、「体を温めて汗をかくようにし、手と足を露出して、止まった蚊を妻と娘が捕らえる」とロイターテレビに作戦を語った。

 優勝者はたくさん刺されながらも38匹仕留めた別の人。同国ペイプシ湖でのセーリングの旅が贈られた。蚊取り大会は、過去に同様のイベントが行われたフィンランドからアイディアを得たという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up