for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

毛沢東像の粗悪品が横行、生地で取り締まり強化

 6月21日、中国・湖南省の地方当局は、土産物として販売される毛沢東の置物に粗悪品が多いとの苦情を受けて取り締まりを強化。写真は天安門広場の毛沢東像。3月撮影(2010年 ロイター/Christina Hu)

 [北京 21日 ロイター] 中国・湖南省の地方当局は、土産物として販売される毛沢東の置物に粗悪品が多いとの苦情を受けて、製造業者などへの取り締まりを強化することになった。新華社が報じた。

 それによると、毛沢東の生誕地である湖南省の韶山では、訪れた観光客から、低品質の素材が商品に使用されているなどの苦情が多く寄せられているため、当局が品質面での新基準を7月1日から導入することを決定。違反した場合、商品は処分されるという。

 中国では毛沢東像の人気は依然高く、韶山で販売される商品の総額は年間1億元(約13億円)以上に上るという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up