for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

W杯快進撃にチリ市民が興奮、警察の放水や拘束者も

 6月21日、チリの首都サンティアゴで、サッカーW杯の試合に興奮した市民に対して警察が放水する騒ぎなどがあった(2010年 ロイター/Victor Ruiz Caballero)

 [サンティアゴ 21日 ロイター] チリの首都サンティアゴで21日、サッカーのワールドカップ(W杯)の試合に興奮した市民に対して警察が放水する騒ぎがあり、約70人が拘束された。

 チリがスイスを1─0で下したこの日の試合は、大統領宮殿付近などでパブリックビューイングが行われ、数千人が観戦。サポーターらは国旗を振ったり、ホーンを鳴らすなどして代表チームに熱い声援を送ったが、警察によると、秩序を乱す行為などで70人を拘束したという。

 警察は、同国代表が48年ぶりのW杯勝利を挙げた16日のホンジュラス戦でも約80人を拘束。1次リーグH組のチリはここまで2勝を挙げ、優勝候補のスペインを抑えて同組首位に立っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up