for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英遺跡ストーンヘンジ付近で木製構造物の溝、新たな遺跡か

 7月22日、考古学者チームが英遺跡ストーンヘンジの近くで新たな遺跡とみられる木製構造物の溝を発見していたことが分かった。写真はストーンヘンジ。6月撮影(2010年 ロイター/Kieran Doherty)

 [ロンドン 22日 ロイター] 考古学者のチームが英国の遺跡ストーンヘンジの近くで、「木製ストーンヘンジ」とも言える円形の溝を発見したことが分かった。チームを率いたバーミンガム大のビンス・ガフニー教授(考古学)が22日、ロイターに明かした。

 レーダーを使った調査の結果、ストーンヘンジから1キロも離れていない場所で、2000─4000年前の新石器時代のものとみられる円形の溝を発見したという。

 巨大な石が円形に並んだストーンヘンジが何のための使われたかについては、いけにえの儀式や天文学といったさまざまな説がある。

 ガフニー教授は「これはストーンヘンジ周辺の景観に関するわれわれの考えを180度変える驚くべき発見だ。ストーンヘンジが単独で存在していなかったことは明らかだ」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up