for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

結婚控えた女性、9割が仕事中にも式の準備=米調査

 7月23日、米国で実施されたオンライン調査で、結婚式を間近に控えた女性の約90%が仕事の時間を使ってウェディングの計画を立てている実態が明らかに。写真はウェディングドレスの試着をする女性ら。2007年3月、ニューヨークで(2010年 ロイター/Meredith Davenport)

 [ニューヨーク 23日 ロイター] 米国で実施されたオンライン調査で、結婚式を間近に控えた女性の約90%が仕事の時間を使ってウェディングの計画を立てていることが分かった。

 調査は、ウェディング情報サイトのザ・ノット・ドットコム(TheKnot.com)とウェディング・チャンネル・ドットコム(WeddingChannel.com)、米フォーブス誌の女性向けサイト(ForbesWoman.com)が、女性1000人を対象に実施。結婚式の準備に費やす時間は1週当たり約10時間で、10人のうち9人近くが勤務時間も「ウェディングのプラン」に使っていることが分かった。結婚式の準備の半分以上を仕事中に済ませている人も20%いたという。

 一方、結婚式の準備に時間を取られることで仕事に悪影響があると考えている人は、回答者全体の3分の1にとどまっている。

 ザ・ノット・ドットコムの編集長、カーリー・ロニー氏は、結婚式の準備は仕事の邪魔になるかもしれないが、女性は結婚後に仕事により集中するようになると指摘。「ウェディングが終われば、その前より(仕事に)真剣で集中するようになる。家のために貯蓄し、将来のゴールに意識が向かうため、転職を考えたりしなくなる」としている。なお、同サイトへのアクセスは、ランチタイムと月曜日が最も多いという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up