for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「生きた魚の飲み込み」中止、ロシアのサーカス団

 [シドニー 8日 ロイター] オーストラリアで公演中のロシアのサーカス団が、「生きた魚を飲み込む」のは動物愛護に反する行為だとして、ニューサウスウェールズ(NSW)州から同演目の中止を命じられた。

 現在シドニー公演中のグレート・モスクワ・サーカスは、女性が生きた魚を飲み込み、さらにその魚を吐き出すという演目を出していたが、現地当局には苦情が寄せられていた。

 今回の演目中止要請について同州当局は声明で、「NSWではサーカス団は、規定の動物保護基準を順守しなければならない」と説明。

 また、動物愛護団体アニマルズ・オーストラリアは「残忍で愚かな行為」と非難。その上で、州当局の決定を歓迎するとの声明を発表した。 

 これに対し、グレート・モスクワ・サーカスのグレッグ・ホール支配人は、ロイターの取材に「(公演開始から)4─5週間目だが、今日までいかなる苦情も受けていない」と述べ、今回の演目中止の決定に驚いているとコメント。しかし、今後は同演目は行わないと明言した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up