for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

過去10年で1000頭超のトラが違法取引の犠牲に=NGO報告

 [東京 10日 ロイター] 野生動物の保護を訴えるNGO「トラフィック・インターナショナル」は、違法取引のため、絶滅の危機に瀕した野生のトラが過去10年間で1000頭以上も殺されたとする報告書を発表した。

 それによると、違法取引されたトラの体の部位は、皮や頭蓋(ずがい)骨から、爪や歯などさまざま。押収された件数が最も多かったのは、インド、中国、ネパール、インドネシアの順となっている。2000年1月─2010年4月の押収件数は481件に上り、少なくとも1069頭、最大で1220頭のトラが殺されたとみられるという。

 強さや勇気、幸運のシンボルでもあるトラの体の部位は、多くの地域でお守りや装飾品、伝統薬の原料として珍重されている。報告書では、発覚したのは氷山の一角に過ぎず、実際にはもっと多くの違法取引が横行していると警鐘を鳴らしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up