for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IBMのコンピューター、クイズ番組で最強出場者と対戦

 [ヨークタウン・ハイツ(米ニューヨーク州) 13日 ロイター] コンピューターサービス大手IBMの開発したコンピューター「ワトソン」が、米人気クイズ番組「ジョパディ!」で、突出した成績を残した歴代出場者と対戦することになった。

 IBMのコンピューター「ディープ・ブルー」は、1997年にチェスの世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフ氏に勝利したが、ワトソンの人間の言葉を理解する技術はそれよりもずっと発展したものだと同社は説明。最も難しかったのは、比喩やだじゃれ、俗語を教えることだったという。

 対戦相手となるのは、2004年から2005年にかけて74回の連勝記録を残したケン・ジェニングス氏と、同番組で累計賞金330万ドル(約2億7000万円)を獲得しているブラッド・ラター氏。

 最初の練習ではワトソンが2人を打ち負かしたが、ジェニングス氏はワトソンが「間違いをしやすい」と指摘。ラター氏も、いくつかの質問ではカギとなるユーモアを理解できないことが弱点だとしている。

 対戦の様子は、2月14日から16日の3日間に放送される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up