for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

受刑者のフェイスブック利用禁止、米国の州議が法案提出

 [チャールストン(米サウスカロライナ州) 9日 ロイター] 米サウスカロライナ州の刑務所では、受刑者が塀の外から投げ入れられるなどして入手した携帯電話を使った場合、さらなる罰を科されることになりそうだ。

 同州のウェンデル・ジリヤール議員(民主党)は9日、ロイターとのインタビューで、受刑者のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)利用を禁じる法案を提出したと明かした。

 法案では、携帯電話を使うなどしてフェイスブックを含むSNSを更新したことが発覚した場合、刑期を30日間延長し、500ドルの罰金を科すとしている。

 同州では今月に入り、地元紙が州内の刑務所で服役中のフェイスブック利用者のプロフィールを複数掲載し、波紋を呼んでいた。

 ジリアール議員は、この記事などが法案提出のきっかけになったと説明。その上で「受刑者らは金をどこに隠したか、密告者は誰か、報復したいといった内容の暗号を書き込むためにSNSを使っている。罪のない人々の命が危険にさらされている」と述べ、法案が速やかに審議され通過することへの期待感を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up